10月1日はピンクリボンデーです。

ピンクリボンという言葉を年に一度ほど耳にする事はあるでしょう。どういうものなのかも何となくご存知かとは思いますが、具体的にはあまり知らない方も多いのではないでしょうか。

ピンクリボンの起源は

ピンクリボン運動は、アメリカの乳がんで亡くなられた患者さんの家族が“このような悲劇が繰り返されないように”との願いを込めて作ったリボンからスタートした乳がんの啓発運動です。乳がん患者が増えつつあった1980年代のアメリカで始まり、行政、市民団体、企業などが乳がんの早期発見を啓発するためのイベントを展開したり、ピンクリボンをあしらった商品を頒布してその売り上げの一部を財団や研究団体に寄附するなど、積極的に取り組み、市民や政府の意識をかえました。

出典 http://www.j-posh.com

アメリカで、若くして乳がんのため亡くなった女性の家族が「同じ悲しみを繰り返したくない」「乳がんから家族を守ろう」という思いから始まった啓発運動だったのです。
日本で広まったのは2000年代にはいってからです。

ピンクリボンデーは何をするの?

10月1日には、「ピンクリボンデー」として、東京都庁舎、レインボーブリッジ、東京タワー、表参道ヒルズ、名古屋城、神戸ポートタワー、明石海峡大橋などをピンク色にライトアップ(またはピンク色の電球に交換)し、いずれも大勢の人へ視覚という形で、ピンクリボン運動の認知度向上へ貢献している。

出典 https://ja.m.wikipedia.org

ピンクリボン運動というもの自体を知ってもらい、広げていこうという日です。

各地でピンクリボン運動が

この10月1日をマンモグラフィーを受けようという日にしている自治体もあります。また、百貨店や商店街でイベントがあったり、店員の胸元にはピンクリボンのバッチが付けられたりと、身近に「乳がん検診の大切さ」を感じてもらう活動が行われているのです。

ピンクリボンの意味

沢山の地域、企業などでこのようにピンクリボン運動を行う事によって、乳がんの事を知り、早期発見、早期治療がどれだけ大切なのかを分かることが大きな意味となります。
そして知るだけだはなく、積極的にセルフチェックを行えるようになるのもまた大切です。

検診にいきましょう!

ピンクリボンデーの意味はお分かりいただけたでしょうか。
先日、北斗晶さんが乳がんを告白し、多くの人が乳がんに目を向けたかと思います。北斗さん自身も「自分の告白で沢山の方が検診に行こうと思ってくれたならば、それが何より嬉しい」と語っていますね!
大切な人のために、自分のために、検診に行きましょう!

こちらの記事もどうぞ!

この記事を書いたユーザー

Touko このユーザーの他の記事を見る

2人の娘を持つ母親です。プチプラな情報に敏感。しまむらなどのプチプラなお店が大好き。なのに元百貨店販売員(笑)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス