タンザニアに拠点を置いて活動しているイギリス人の野生動物写真家ポール・ジョンソン・ヒックスさんは、今回プロとアマチュア写真家800人以上が応募した「野生界に住む動物のコメディ写真大賞」に参加し、その写真を披露しました。

猛ダッシュのギニ―ピッグ

出典 http://www.mirror.co.uk

口に食べ物詰め過ぎでしょ!とツッコミたくなる写真ですね。必死で走っているのは、口の中に入れた餌をどこかに隠すつもりで急いでいるんでしょうか。そんなに走って喉に詰めなければいいんですが。必死な形相に思わず「プッ」。

「ええっと…これ、カロリーはいくら?」

出典 http://www.mirror.co.uk

そんなつぶやきが聞こえてきそうなバブーン。スナック菓子のパッケージをまじまじと見ている表情は、やっぱり私達人間と同じです!

なんとなく生意気に見えるキリン

出典 http://www.mirror.co.uk

長い舌を出してあっかんベーをしているキリン。生意気そうな表情に、思わず笑ってしまうのはやっぱり動物って可愛いから。コメディー大賞の応募作品ですからね。写真家ポールさんも力が入ります!?

「はぁ~…気持ちエエのう~」

出典 http://www.mirror.co.uk

めちゃくちゃリラックスしている姿のミーアキャット。まるでお父さんが湯船に浸かっているみたい。

「似合う?トレンドヘアスタイル」

出典 http://www.mirror.co.uk

ライオンの髪がとんでもなく風になびいていて、まるで新しいヘアスタイルのようです。似合うにしろ似合わないにしろ、誰も怖くて意見は言えないでしょう。百獣の王ですから。

これまで何度かこの野生動物コメディー大賞に応募をしたというポールさん。残念ながら大賞を取るまでには至ったことがないそうですが、今回の意気込みはというと「面白いショットというだけでなく、野生動物の自然の姿なのでダイナミックにそして創造的で興味深い写真を撮るように心がけているんだ。」ということだそうです。

応募は今週木曜に締め切りということですが、きっと想像以上に素晴らしい野生動物の美しく面白い写真が選ばれることでしょう。楽しみです。


*情報元は掲載承認済みです

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス