10月1日から、最低賃金が代わるんです。

各都道府県ごとの最低賃金!

全国の最低賃金が発表に!

出典 http://xn--no1-ie4b9g8h1bx342b01sze6abw2b.com

都道府県名  最低賃金時間額【円】    発効年月日   
北海道     764   (748)  平成27年10月8日   
青  森    695   (679)    平成27年10月18日   
岩  手    695   (678)    平成27年10月16日   
宮  城    726   (710)    平成27年10月3日    
秋  田    695   (679)    平成27年10月7日   
山  形    696   (680)    平成27年10月16日    
福  島    705   (689)    平成27年10月3日    
茨  城    747   (729)    平成27年10月4日   
栃  木    751   (733)    平成27年10月1日   
群  馬    737   (721)    平成27年10月8日   
埼  玉    820   (802)    平成27年10月1日    
千  葉    817   (798)    平成27年10月1日   
東  京    907   (888)    平成27年10月1日   
神奈川    905    (887)    平成27年10月18日   
新  潟    731   (715)    平成27年10月3日   
富  山    746   (728)    平成27年10月1日   
石  川    735   (718)    平成27年10月1日   
福  井    732   (716)    平成27年10月1日   
山  梨    737   (721)    平成27年10月1日   
長  野    746   (728)    平成27年10月1日   
岐  阜    754   (738)    平成27年10月1日   
静  岡    783   (765)    平成27年10月3日   
愛  知    820   (800)    平成27年10月1日   
三  重    771   (753)    平成27年10月1日   
滋  賀    764   (746)    平成27年10月8日   
京  都    807   (789)    平成27年10月7日    
大  阪    858   (838)    平成27年10月1日   
兵  庫    794   (776)    平成27年10月1日   
奈  良    740   (724)    平成27年10月7日   
和歌山    731    (715)    平成27年10月2日   
鳥  取    693   (677)    平成27年10月4日   
島  根    696   (679)    平成27年10月4日   
岡  山    735   (719)    平成27年10月2日   
広  島    769   (750)    平成27年10月1日   
山  口    731   (715)    平成27年10月1日   
徳  島    695   (679)    平成27年10月4日   
香  川    719   (702)    平成27年10月1日   
愛  媛    696   (680)    平成27年10月3日   
高  知    693   (677)    平成27年10月18日   
福  岡    743   (727)    平成27年10月4日   
佐  賀    694   (678)    平成27年10月4日   
長  崎    694   (677)    平成27年10月7日   
熊  本    694   (677)    平成27年10月17日   
大  分    694   (677)    平成27年10月17日   
宮  崎    693   (677)    平成27年10月16日   
鹿児島   694     (678)    平成27年10月8日   
沖  縄    693   (677)    平成27年10月9日

全国加重平均額 798  (780) ※括弧書きは、平成26年度地域別最低賃金

出典 http://www.mhlw.go.jp

最低賃金制度とは、最低賃金法に基づき国が賃金の最低額を定め、使用者は、その最低賃金額以上の賃金を労働者に支払わなければならないとする制度です。

出典 http://www.mhlw.go.jp

右肩上がりで非正規労働者が増えています。

出典 http://www.mlit.go.jp

全国の最低賃金の推移のグラフ

出典 http://tabibitojin.com

各国の非正規労働者の割合

日本は非正規労働者がダントツで多いんですね。

もし、最低賃金が支払われなかったら?

出典 http://www.lifehacker.jp

最低賃金額以上の賃金を労働者に支払わなければならないとする国の制度です。
使用者が労働者に最低賃金未満の賃金しか支払っていない場合には、使用者は労働者に対してその差額を支払わなくてはなりません。
地域別最低賃金額以上の賃金額を支払わない場合には、罰則(50万円以下の罰金)が定められています。
なお、特定(産業別)最低賃金額以上の賃金額を支払わない場合には、労働基準法に罰則(30万円以下の罰金)が定められています。

最低賃金の計算方法
1. 時間給の場合 時間給≧最低賃金額(時間額)
2. 日給の場合 日給÷1日の所定労働時間≧最低賃金額(時間額)
3. 月給の場合 月給÷1箇月平均所定労働時間≧最低賃金額(時間額)
その他、出来高払制その他の請負制によって定められた賃金の場合や組み合わせの場合があります。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

相談は最寄りの都道府県労働局労働基準部賃金課室又は労働基準監督署にしてください。

全国の労働基準監督署の所在地はhttp://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/location.htmlです。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

最低賃金が上がったと、喜んでばかりもいられないようです。各都道府県別だと、まだまだ格差がありますね。

今一度、賃金について考えるいい機会だと思います。

この記事を書いたユーザー

うー このユーザーの他の記事を見る

東京が好きで、昭和が好きで、古い日本のドラマも好きで、カフェが好き。
忘れられかけている遠い記憶のことを掘り起こしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス