生きるとは、常に戦いの中にあり

貴方は今、何と戦っていますか?

昨日の悲しい別れを乗り越えようと、歯を食いしばっているでしょうか?
それとも今日の冴えない自分の失敗に、心を痛めているでしょうか?
明日締め切りの仕事に追われて、明日なんて来なければいいのにと思っているでしょうか?

生きるということは、ただそれだけでも大変なことです。
その上に明日を今日よりも輝こうとするならば、更に厳しい戦いの中に身を置く必要があるに違いありません。

東京ガスのCMが訴えたもの

昨年、東京ガスが制作したこのCMは、就活生やその保護者などからバッシングを受けて結果的に(自主的に)放映打ち切りの目に遭いました。リアル過ぎて傷口に塩を塗るようだというのがその理由でした。

ご覧になっていない方は、まずは一度見ていただきたいと思います。

出典 YouTube

やっと最終面接まで進んだ会社が1社あり、それをメールで母親に知らせ、期待に胸を膨らませてケーキを買って帰路につく。だが、玄関扉の前で不採用通知、通称「お祈りメール」が来てしまい、家に入れなくなる。近所の公園のブランコで鬱々としていると、母親がやってきて、優しく慰められたらこらえていたものが一気に噴き出し、声を上げて大泣きしてしまう。それでも母親の温かい手料理で気を取り直し、元気にけなげに就活にがんばり続ける、というストーリーである。

出典 http://biz-journal.jp

如何でしたでしょうか?

涙が出たでしょうか?それとも傷口に塩を塗られたでしょうか?それとも元気をもらえたでしょうか?

実際の就活は(特に入りたいと思うところに入ろうとして向かう就活は)、余程の何かが無ければ一度や二度のNGで済むようなものではありません。そもそもの倍率自体がそれまでに経験する受験や資格試験の比ではないからです。

打ちひしがれ、苦しいを夜を越して、しかしその翌朝、また凛とした横顔で戦場に向かう就活生にあなたは何を感じたでしょうか?

諦めて横道にそれてばかりいたら、一体どこに着くのでしょう?

ダメならさっさと諦めて、違う生き方もあるさと慰めて、一生懸命なんて流行らないさとか、どうせ私なんか大したこと出来るわけないじゃないとか、そんな風に生きて来なかったでしょうか。

私は多分そんな風に生きてきたような気がします。

「まあ、いいか」とか「まあ、いいさ」と。

そうやっていい加減に適当なところで妥協してばかりいて、それ以上の努力をしたり、なにくそと頑張ったことなど、一体何回あったでしょう。
いや、あったと言えるかどうかすら怪しいです。

真っ直ぐに進めないからと言って、横道にそれてばかりいて、私はどこに行くつもりだったのでしょうか?一体どこに辿りつくのでしょうか?

負けそうな気持ちと、娘と行った動物園

私は40歳を過ぎて、職を失ったことがあります。

家族もまだまだ金のかかる年齢でしたので、何としても早々に就職先を決めなければならない時にリーマンショックが被ってしまいました。履歴書を送っても書類選考すら通らないのが当たり前、次から次へと「お祈りメール」が届きました。

やっと面接に辿りついても、はじめから採用する気がないのか、一度も目線が合わないような面接もありました。NGの社数が10社が20社になり、50社が60社になって、それが100社を超えたところで急に心が萎えたように力が入らなくなったのを憶えています。履歴書を書くことも、応募の手続きをすることも出来なくなっていました。

もう、無理なんじゃないか?

そんな気持ちのままで迎えた休日、末娘にせがまれ、気晴らしも兼ねて一緒に動物園に出掛けました。良く晴れていたのでとても混みあった動物園を、きっと私は能面のような顔をして歩いていたのではないでしょうか。

帰りは渋滞にも巻き込まれてしまい、すっかり草臥れた一日になってしまいました。末娘もきっと草臥れたでしょうし、一日中殆ど口をきかない父に退屈をしたに違いありません。

ところがその夜、寝る前に娘が私の部屋に来て、こう言ったのです。

「今日は面白かったね。また行こうね」

何度でも立ち上がること、それが人生だ

翌朝から私は、再び全力疾走を始めました。
100社が200社になろうと、とことん行こうと。

私には頑張るべき理由があったのです。
もういいなんてことは、絶対にない、頑張るべき理由があったのです。

就活で内定が出て、社会人になってもその先にも生きるための戦いの日々は続きます。就活でNGを食らう以上に苦しいことは、生きていく以上その先にまだまだ沢山あります。でも、どんなに辛くても次の朝には立ち上がらなければなりません。

それはそれぞれに頑張るべき理由があるからです。生きている意味があるからです。
胸に手を当ててみれば、その理由はきっと簡単に見つかるのではないでしょうか。

もう一度、東京ガスのCMを見てください。

就活でNGが出てしまうと全てゼロからやり直しに思えるかも知れませんが、そんなことはありません。悔し涙を流せるほど頑張った昨日は、今日の血肉になって人を成長させてくれるのです。

「まだまだ!!」という文字と、気合のこもった横顔に、昨日とは違う彼女を見つけることがきっと出来るはずです。

まだまだ!!まだまだ!!まだまだ!!

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

花咲 未来 このユーザーの他の記事を見る

心にいつも熱い想いが詰まっている「夢多きアラフィフ」です。子育ても給料を運ぶ以外はほぼお役ご免になりましたので、これからの自分はどう生きるかを模索しながら、第二の青春を生きています。『アオハルはいつも間違える』ので、記事には誤字脱字のなりように気をつけます(^^;;

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス