もうすぐ赤ちゃんが生まれる!となると、いろいろ準備するものが多くて大変ですよね。ただ、何でもかんでも買っているとその金額は予想以上にかさんでいくもの。
今回は、ベビー服を洗濯するときに役立つアレの入手法、お伝えします。たいした話ではないけど、意外と気づかずお金を払って買ってる人、いるんじゃないでしょうか。

さて、洗濯するときに使うアレの正体ですが。それはベビーサイズのハンガーです!

ベビー服は肌着やベビードレスなど種類が多く、汚れたりして小さいころは着替える回数も多くなりがち。そうなると、当然洗濯も頻繁にすることになります。

洗ったベビー服を干すときに必ずといっていいほど使うもの、それがハンガーです。もちろん大人用の通常のハンガーを使うことはできないので、ベビーサイズのものを使わなくてはいけません(洗濯バサミで直接物干しざおに留めてしまうこともできますが、洗濯バサミの跡がついちゃいますからね)。ベビーグッズを扱うお店で買うことはもちろん可能ですが、このハンガー、お金を払ってわざわざ買わなくても入手することが可能だってお気づきですか?

それは、ベビー服を買ったときについてるハンガーを使うということです。

肌着なんかは、おそらく何着かセットになっているものが多いのでハンガーはついていません。ですが、そのうえに着るベビー服はほとんどの場合、ハンガーにかかった状態で売られています。そのハンガーを捨ててしまわずに利用すればいい、というわけです。

なんだそんなことか、と思うかもしれませんが、出産前の準備の時ってテンションが上がってしまって、あれもこれも全部買わないと!と思ってしまいませんか?
いったん落ち着いて、本当に買わないといけないものなのかどうか、よく考えてみるといいかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

yuppy このユーザーの他の記事を見る

アラサーママ。2015年6月に長男を出産。
旦那さんと息子と愛犬と一緒にのんびり暮らしている。
夫婦そろってゲーマーです。ゲームのほかには本を読むのが好き。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 育児
  • ゲーム
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス