Amazonプライム会員向けに、新しい会員特典「プライム・ビデオ」が9月24日に開始しました。

Amazonのプライム会員は「お急ぎ便」が使い放題。
お急ぎ便を使えば、最短で当日に注文商品が届く優れものです。
しかし、あまりAmazonを利用しない方にとっては、年間3900円は高い気がしますよね。

今回の新しい会員特典があることで、プライム会員で良かったと思っている方、そしてこれから会員になろうと考えている方に、あなたにあった映画やTV番組の見放題サービスをどれなのか??

他のサービスと比較してみました。

Amazon「プライムビデオ」とは・・・

人気の映画・TV番組が追加料金なしで見放題。
自宅のリビングルームはもちろん、外出中もプライム・ビデオをどこでも観られます。

プライム・ビデオでは数多くの人気作品が見放題。
大人気バラエティ「さまぁ~ず×さまぁ~ず」の見逃し配信、「妖怪ウォッチ」「しまじろうとおおきなき」などの人気アニメ、「白ゆき姫殺人事件」「孤独のグルメ」など人気の映画・TV番組が配信中。

さらに、AKB48コンサート映像200本以上をプライム・ビデオ限定配信。最新の人気海外ドラマ「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」は、毎週新エピソードをプライム・ビデオで日本初公開。ゴールデングローブ賞・エミー賞受賞作「トランスペアレント」をはじめAmazonオリジナル作品も見放題。

出典 https://www.amazon.co.jp

他の動画配信サービスとの違いは?

動画配信サービスは、2011年から日本国内での動画配信サービスを展開する「Hulu」。
9月2日からスタートした「Netflix」。

それ以外にも、ドコモdチャンネルなど様々なサービスがありますが、どれがいいのか・・・迷ってしまいますよね。

今回は話題の「Hulu」と「Netflix」と「Amazonプライムビデオ」の3つのサービスについて、価格やサービス内容などを比較してみました!

どのような違いがあるのでしょうか!?

1.価格

・Hulu → 月額933円(税抜き)
・Netflix → 月額650円、950円、1,450円の3プラン(いずれも税抜き価格)
・Amazonプライムビデオ →年3,900円(税込み、月額325円相当)

価格だけで見ると、圧倒的に「Amazonプライムビデオ」がお得ですね。

特にAmazonのプライム会員は、プライムビデオだけでなく、お急ぎ便などその他のサービスも付いてくるというところもポイントが高いです。

2.お試し期間

・Hulu →2週間(14日間)
・Netflix →1ヶ月(31日間)
・Amazonプライムビデオ → 30日間

一番長いのは1日の差ではあるが「Netflix」

どれも期間中にサービスの解約をしなければ、そのまま課金されるという仕組み。
この期間内に自分に合ったものか見極めて、継続か解約かを選択しましょう!

合わなかった場合は、解約することを忘れずに。
※登録前に、解約方法を確認しておくと焦らずスムーズにいきますね。

3.作品数

・Hulu → 約13,000本
・Netflix → 非公開(10万本以上との情報も・・・今のところ海外の作品がほとんど日本のものは数千しかないとか・・・)
・Amazonプライムビデオ → 非公開(数千作品をラインナップ、約7割が日本の作品らしい・・・)

どのサービスも明確には、公表されていませんが、作品数でいうと今のところ「Hulu」。
「Netflix」は現在のところ日本の番組が少ないものの、日本の番組にも力を入れているようです。
「Amazonプライムビデオ」も作品数は少ないものの、配信動画の7割が日本の番組のようです。

4.視聴可能端末・特徴

Netflix と Hulu についてはストリーミングのみに対応しています。
コンテンツを視聴するためにはネット接続ができる環境が必要です。

1時間程度のドラマを見ると、500MB〜1GB程度の通信量になるので、自宅以外でも動画を楽しみたいという場合には、Wi-Fi環境がある場所で楽しむか、通信量の上限が無いWiMax2+ルーターなどを併用しないと外出先で視聴するのは難しいかもしれません。

【Hulu】

2014年に日本テレビが買収してから国内コンテンツがかなり充実。
5月のフジテレビとの提携により、在京6局のテレビコンテンツ(一部)を視聴できるサービスとなりました。
見逃し配信も提供されています。

※同時視聴数が1台。複数のデバイスで同時に見ることが出来ません。


【視聴可能端末】


●ゲーム機
・Playstation 4 (PS4)
・Playstation 3 (PS3)
・XBOX 360
・Nintendo Wii U
・Nintendo Wii
・Nintendo 3DS
・Playsation Vita TV
・Playsation Vita

●Blu-Ray・テレビ
・LG
・Panasonic,
・SHARP
・SONY
・ToshibaSTB (Set Top Box, 閲覧用の専用機器)

●その他
・Windows
・Mac
・iPhone
・iPad
・Android
・Apple TV
・Chrome Cast

【Netflix】

現段階ではまだまだ日本の番組は少ないですが、ソフトバンクと業務提携を結んだことでも、今後日本のサービスが増えていくことが予想されます。

フジテレビと合同で制作する「テラスハウス」や芥川賞受賞作「火花」の映像化など、魅力的な作品が随時配信されるようです。


※ベーシックプランでは「HD画質・UHD 4K画質」での再生はできません。

【視聴可能端末】


●ゲーム機
・Playstation 4 (PS4)
・Playstation 3 (PS3)
・XBOX 360
・Nintendo Wii U
・Nintendo Wii

●Blu-Ray・テレビ
・LG
・Panasonic,
・SHARP
・SONY
・Toshiba
・他

●その他
・Windows
・Mac
・iPhone
・iPad
・Android
・Windows Phone
・Apple TV
・Chrome Cast

【Amazonプライムビデオ】

プライム・ビデオは、年会費3900円(税込)の「Amazonプライム会員」向けの動画見放題サービス。

国内作品では、映画配給会社やテレビ局と提携し、アニメ「妖怪ウォッチ」「弱虫ペダル」、テレビドラマ 「永遠の0」「孤独のグルメ」「JIN -仁-」といった人気作品を見放題で楽しめ、ドラマやアニメ、バラエティ作品では、テレビ放送後の見逃し配信も提供される。

また、AKB48グループと提携し、DVD化されてないコンサート映像を独占コンテンツとして提供されます。

※スマートフォンやタブレットでの再生は、ダウンロード再生が可能です。

【視聴可能端末】


●ゲーム機
・Playstation 4 (PS4)

●テレビ
・Panasonic
・SONY

●その他
・Windows
・Mac
・iPhone
・iPad
・Android
・Kindle Fire

まとめ

価格だけで言えば圧倒的に「Amazonプライムビデオ」かもしれません。

ただ、日本のコンテンツを見たいならHuluが一歩リード。
高品質なオリジナルコンテンツに魅力を感じるならNetflixといったところです。

外出先で通信料を気にせずに閲覧できる、Amazonも魅力的ですよね。

どれもいいサービスなので、どれを重要視するかで変わってくると言えます。

まずは、無料期間を活用して自分に会うサービスを確認してから本契約に入るのが一番ですね。

この記事を書いたユーザー

1banbo4 このユーザーの他の記事を見る

1981 年和歌⼭県田辺市に生まれる。

23 歳の時にパソコンスクール「 Pc house いちばん星」を起業。

開業後、スクールの運営をしながら、フリーのインストラクターとして、専⾨学校を始め各種講座を担当。

25 歳の時に独学でウェブの道へと進む。

現在では、ウェブクリエイターとして、クライアントのホームページをトータルプロデュースしている。

✳︎ブログ・サイト✳︎
・Pchouseいちばん星
http://pchouse-ichibanboshi.com

・和歌山発 エンタメプレゼン®マスタークラブ
https://1banbo4.themedia.jp

・あなたのための専門家、ホームページのお医者さん「いちばん星診療所」
http://1banbo4..com

・現役のWebクリエイター 浅山佳映子 が教えるこれが本当に使えるテクニック‼︎
http://ameblo.jp/1banbo4/

権利侵害申告はこちら