赤ちゃんは小さな大人ではありません。

先生、うちの子大丈夫?「一ヶ月検診でよくある質問」その2!へようこそ。

ここでは生後一ヶ月のママさんたちに多いお悩みを集めました。少しでも不安が軽減されればと思います。

目やにがでます。鼻がフガフガして呼吸が苦しそうです

赤ちゃんは涙管も鼻もとても狭いので、つまりやすくなります。
そのため目やにが良く出ます。極端に汚い色や糸を引くような粘り気がなければとくに問題はありません。
根気よくそのつどやわらかいガーゼなどでふき取ってあげましょう。

よく鼻を詰まらせている音も出ます。フガフガ、ブヒブヒ、大丈夫かしらと心配になりますが、眠れていて飲めていればまず心配することはありません。

便秘がちでもう三日もでていません・・・

新生児で三日もでなければ即病院に行っていただきたいところです。二日出なければまずママさんがウンチを出してあげましょう。

お腹をくるくるマッサージしてあげるのもいいですね。
なでるというよりは自分のお腹が痛いときについさすってしまうくらいの強すぎず優しすぎず、の力です。

それでもまだでない時は、肛門刺激をしましょう。
綿棒の先をオリーブ油にひたして、お尻の穴に挿します。大人の第一関節ほどを挿れ、少しナナメに傾けたりして、管の壁を刺激するようにくるくると回します。それだけです。

あとはウンチロケットに拍手喝采してください。

げっぷがでない

げっぷをさせるときに、「5分は抱いている」というママさん、本当に5分抱いていますか?案外自分で5分だと思っていても、実はもっと短い時間だったりします。

すっと背中をさすったりトントンしつづけるのはさすがにつかれますので時折でいいですが、コミュニケーションタイムということにしてたっぷり抱っこしていると、ポッとでたりします。

あと、赤ちゃんのあごをママさんの肩の上に乗せて、空気の通り道をまっすぐ伸ばしてあげると出やすいです。

ずっと縦抱きで出ないときは、胃の上の方で空気の塊が引っかかっていることもありますので、
赤ちゃんをいったん横抱きにしてからまた縦抱きにしてみると胃の中で空気が移動して、これまたポっとでてきます。

是非試してみてください。

寝ない・・・

抱っこしているのに、ないてばかりで、おろしたと思ったらまた泣いて・・・。
過ぎ去ってしまえば懐かしい出来事ですが、今まさに渦中に居るママさんにはつらい時間かと思います。

不思議なものでこちらが寝てくれと願えば願うほど寝てくれません。そんな時は思い切って、寝かせること以外の全てをあきらめてみましょう。

パパのゴハンのしたくが・・・お洗濯が・・・私の睡眠時間が・・・。


忘れましょう!
パパは大人なので一食食べなくても死にません。食べたければ自分でなんとかできます。
外のお洗濯物がシケろうが、洗濯機の中でくさくなろうが、誰も死にません。

でも赤ちゃんは飲んで寝ないと生きていけません。育ちません。

ようし、今から1時間かけてお前を寝かしつけるためだけにただ抱いて、座って、時々立ち歩いて、とにかく抱っこしててやるぞ!

と覚悟をきめると案外10分もかからずに寝たりします。
「ママだと寝ないけど、パパだと寝る」というのがありますが、多分パパさんは寝るまでの間、他のことを考えたり、他事をしていて、気がつけば長い時間がたっていた、というのかも知れませんね。

あせる10分とあせらない10分という気持ちの問題かもしれませんが、ママさんのどっしりとした覚悟の気持ちに、赤ちゃんも安心するのかもしれません。

次回「先生、うちの子大丈夫?「一ヶ月検診でよくある質問」その3」では「ミルクや母乳が足りている?体重がふえません」をお届けします。

この記事を書いたユーザー

抹茶シャチコ このユーザーの他の記事を見る

旅行記や土地グルメランキングの記事をまじめに作成したかと思えば、オッチョコチョイナーである自身の特性を活かしてパニックエッセイを書いたりもする落ち着きのない大人。それが俺さ!

権利侵害申告はこちら