アメリカ、シカゴ在住のある一人の男性が、仕事の帰りにマックに立ち寄りそこで見た光景をfacebookでシェアしたところ大反響となり、以来マックのスタッフはSNS上のヒーローとなっています。

思わず男性が涙した光景とは

出典 http://www.mirror.co.uk

それは、シカゴという大都市のあるエリアでラッシュアワーの時間帯に起こりました。facebookに書き込んだ男性は、仕事の帰りにマックに立ち寄り、長い列を作ってオーダーを待っている他の客に倣って並んでいたそうです。

男性のすぐ前に並んでいた、車椅子の高齢の男性がカウンター内のスタッフに何か言いました。でも、すぐにはその車椅子の男性が何と言ったかは誰もわからなかったのです。その人は、四肢麻痺のようではっきりと話すことができないようでした。「パッと見て、彼が自分の伯父と同じ四肢麻痺を患っていると思ったんだ。」男性はそうfacebookに書き込んでいます。

そして男性はその様子を見ていて、明らかにその車椅子の男性にはヘルプがいると思いました。しかし周りが助けるようとする前に、カウンター内の一人のスタッフは素早く察し、車椅子の男性に何か言いました。

「食べやすいようにカットしてほしい。」やっとのことで言えた車椅子の男性。オーダーするのにも時間がかかりました。その様子を見ていた男性は「こんなに忙しい時間帯で、みんな並んでオーダーを待ってるんだから、スタッフはそこまではできないだろう。仕事の範囲外だもんな。」そう思ったそうです。

でも、そのスタッフはレジを閉め、カウンターの奥へと消えました。そして戻って来た時には彼は両手にビニールの手袋をしていたのです。事の成り行きを見守っていた男性は、そのスタッフが手袋着用の前にしっかり手を洗っていたのを見たそうです。

車椅子の高齢者に親切に食べ物を切る男性

出典 http://www.mirror.co.uk

そしてカウンターを出て、スタッフは車椅子の男性と一緒に席に行き彼のために食べ物を切ってあげる様子を目の当たりにし、見ていた男性の目には思わず涙が。忙しいファストフードの店内で、一人のスタッフが身体の不自由な高齢者のために仕事上のサービス以外の親切な行動をしたことは、それを見ていた男性だけでなくfacebookでシェアした人達に感動を呼びました。

「今まで見た中で、最も感動した親切な行為だった。」そう男性はfacebookに書いています。19万7千件ものシェアを集め、「すごく素敵!」「読んで泣けたわ。」「感動した。」など共感するたくさんのコメントが寄せられたそうです。

一人のスタッフとして、よりも一人の人間として

出典 http://www.mirror.co.uk

スタッフがしたことは、マックの店員としてというよりも一人の人間としての善意の行為でした。世の中に、どれだけの人がこういうことがサラリとできるでしょう。忙しく立ち回る店内で、たった一人の障がい者のためにすぐにレジの仕事を放ってサポートを尽くしたということはなかなかできることではないかも知れません。

こんな話を聞くと、あぁ世の中もまだ捨てたもんじゃないなと筆者は思います。大切な客のためにきちんと衛生観念を持ち、障がいを持つ高齢者の食事を助けたスタッフはケニーさんという方だそうです。今やSNS上でヒーローとなっていますが、きっと彼にしたら「困っている人がいたら助ける」という自然な行為をしたまでのことでしょう。我々も、こういうことが自然にできる人間になりたいものですね。


*情報元は掲載承認済みです。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス