私はこうして息子の先天性緑内障を発見しました!!

2015年9月20日 2778g男の子誕生

出典著者

出産前から腎臓が悪いと言われていた息子、
出産後、有料のベビードックを受ける。
水腎症であることが判明。
心臓、その他の機能に異常なし。

ただ、出産後すぐに涙を流している息子に違和感を感じていた。
私の知る限り、涙を流している新生児は見たことがない。

小児医療センターへ

出典著者

腎臓の精密検査の為、出産後1ヶ月で小児医療センターへ。
水腎症と陰嚢水腫があり、経過観察になる。
その際、眼の濁りがあって気になるので見て欲しいとお願いしたが、紹介予約制なのでと断られた。
その後、1ヶ月検診で先生に眼の事を伝えて見てもらったが、泣いていたこともあり、気のせいじゃないかと言われ、まだ見える時期じゃないから気にしなくて良いと言われた。

瞳孔の変形を発見!!

出典著者

涙→眼の濁り→
と気になっていましたが、
2ヶ月になる前くらいから眼の上の腫れが気になりだし、
明るいところに行くと、以上な位眩しがることに気付く。
気になって、瞳孔の状態を見てみたら、

左目の瞳孔が明らかに変形していた。
翌日慌てて地元の眼科へ。

先天性緑内障が判明。

出典著者

10月17日地元の斉木眼科へ行くと、
先天性緑内障の可能性があるから早急に大きな病院へ。と言われ、
病院と交渉してくださり割り込みで予約をしてもらった。
19日生育医療研究センターで精密検査
即日入院。
21日手術。

診断は重度の先天性緑内障。


入院中、息子のお腹辺りが腫れている気がして、もしかしたら水腎症が悪化したのかと思い、検査をお願いする。

病院関係の色々な絡みがあるため、水腎症の検査と言う名目ではなく、合併症での検査をしてもらう。

心臓疾患3ヶ所発見。。

2015年9月20日

出典著者

先日、息子が無事に一歳の誕生日を迎えました!

重度の先天性緑内障だったため、先生には、発見が遅ければ一歳になる前に失明していた可能性があった!と言われていたので、私にとって息子の視力がある状態で迎えられた誕生日は特別な物でした。
まだ合併症の可能性もあり、定期的に心臓と腎臓の検査も必要ですが、初めてホッと出来た日でした。

この1年を通して私が感じたこと、それは
言葉が話せない赤ちゃんの状態を両親がしっかり見てあげて欲しいこと。
それから、気になることがあったら、どんな手段を使ってでも疑問が解消されるまで病院に通う事。
です。


北斗晶さんも言っています。
検査は大切です。


外に出ると眼が開けられなくて、見せたい景色もなかなか見せられなかったりですが、
元気にすくすく成長してくれています。
医療の発展でたくさんの小さな命が救われますように。
たくさんの笑顔が続きますように!!

この記事を書いたユーザー

ネイリストemi このユーザーの他の記事を見る

美容師免許
米国クリストリオ社プラチナエデュケーター
雑誌やCMなどで活躍中のジェルネイルの先駆者の1人です。

権利侵害申告はこちら