人と犬との間に成立している関係。この動画を観ることによって、あなたはそのほとんどを感覚的に理解することができるでしょう。

出典 YouTube

何故、人と犬は仲が良いの?

人間と犬が共に暮らすようになったのは、1万年前とも1万5千年前とも言われています。けれども、それ以前の遺跡からも痕跡が発見されているようで、はっきりとしたことは分かっていないそう。

はじめは番犬などの分かりやすい利害関係によって、人間と犬の歴史は始まったとされているのですが、長い歴史の中で、そのような利害関係を超えた親密さを育てるに至ったのです。

現在、犬は多くの愛玩動物の中でも最も人間との相性の良い動物でありますが、その親密さは、人と犬との付き合いがとても長いことに支えられているのです。

なんと医療や福祉、教育にいたるまでの影響が!

さらに現在、人間と犬との関係は多様化しています。例えば、犬などの動物の飼育が医療費の削減にも繋がる、なんて調査もあったり。また、子どもの非言語なコミュニケーション能力の発達にも大きな影響があるという研究までも。

このように現代では、犬と人間の関係は、医療や福祉、教育にいたるまで、多様に拡がり続けているのです。

この記事を書いたユーザー

らばどら このユーザーの他の記事を見る

国内外を転々としているフリーライター。
犬と猫なら猫派です。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • インターネット
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 料理
  • カルチャー
  • ニュース

権利侵害申告はこちら