「学校つまらない」「行きたくない」
・・・そんな言葉が、お子さんからから出てきたことはありませんか。

わが家の娘もそうでした。
「あ~、つまんない」「学校なんか、なくなればいいのに」

実は2学期は、子どもが学校を休みがちな時期。

そして、最もいじめが増える時期でもあります。


いじめというほどではなくとも、
なんとなく疎外感を感じて、学校へ行きたくなくなっているかもしれません。

そんなとき、親は「このまま不登校になってしまったらどうしよう」と不安になり、

つい「学校へ行きなさい」と促してしまいがちです。

また、せっかくママが子どもの気持ちを察して休ませても、
パパや祖父母から「学校へ行くべきだ」と、べき論をふりかざされたり。

続けて休むうちに、学校から登校を促す電話や、
時には「保健室登校でいいから」と自宅まで来て説得されることも。

これって、学校にとって不登校の実績を作りたくないがためなんです。


ここで抜け落ちているのは・・・・

大切なお子さんの気持ちです。


なぜ行きたくないのか?・・・それが一番大事。

だって、子供とはいえ、結局は本人の人生なんですから。


とはいえ、本人自身もモヤモヤとして、

なんで学校へ行けないのか、自分でもわからないことが多いものです。

そこで「どうして学校へ行かないの?!」と詰め寄ってしまうと、

お子さんはなにか理由づけしなくてはとアセり、
また自分の罪悪感がいや増して、よけいに気持ちが閉じてしまいます。


では、どうすればいいでしょう?



そんなときは、一緒に「気持ちを見える化」するお手伝いをしてあげてほしいんです。

あなたも誰かと話しているうちに、
自分の考えがまとまったり、
あっ!そうだったのかとひらめくことはありませんか。

それをお子さんと一緒にしてほしいんです。

しかし、そのためには、大切な原則があります。
それは、「お子さんの気持ちを尊重する」こと。

尊重すると言葉でいうのはカンタンですが、
そのポイントは-------------------------------------------

◎まず、お子さんを問いつめないでくださいね。

◎親の考えを押し付けない。
 ムリして学校へ行かせようと思わない。誘導しない。

◎「学校へ行かせるために聞くのではない」ことを約束する。
 「一緒に気持ちを整理してみない?」とハッキリ言葉で伝えます。

◎気持ちの見える化・整理が目的ですから、基本は質問形で。
「それって、どんな感じ?」「こういうことかなぁ?」といった具合に。

----------------------------------------------------------

最初はお子さんも警戒心を持っていますから、あまり話してくれないでしょう。
けれども、親が学校へ行くことを無理強いしないで、自分を尊重してくれているとわかったら、だんだんと自分でもどうしていいかわからないことや、悩んでいることがポロリと出てくるものです。

学校へ行きたくない理由は、大きく2つあります。

1つは、いじめなど「人間関係」の問題。

もう1つは、目的喪失など人生への「意欲」の問題です。

このどちらか、場合によっては両方が原因となっているかもしれません。
次の記事で、それぞれについて対処法をお伝えしますね。

なにより、お子さんの味方になること。
親の立場でものを言っては失敗します。

「学校へ行ってほしい」という、普通や見栄を押し付けると、
お子さんの気持ちはピタッと貝のように閉じてしまうでしょう。
そうなると、あなたはお子さんにとって敵対者になってしまいます。

学校に行くか・行かないかは、目先の問題。
もっと大きなことは、お子さんの味方になるか、敵対者になるかです。
味方であれば、いくらでも人生を乗り越える道は見えてきますから。

この記事を書いたユーザー

百世安里 このユーザーの他の記事を見る

PTSDサバイバー(快復者)。いじめ被害を受け、裁判勝訴。チック・悪夢・フラッシュバック・・強いPTSD症状で不登校気味だった娘を快復へ導き、現在はシドニーのファッション専門校で学ぶまでにサポート。PTSD経験をもとに2009年より毎月、心のケアのグループワークを行う。(社)メンタルサポート・ジャパン 代表理事。娘だけでなく、家庭教師を担当したすべての子たちが一気に成績アップ、有名大学へ。個性を活かす子育て、人育てが得意。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 育児
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら