小学生は怖~い話が大好きですよね。
修学旅行や林間学校などのお泊りの時に
みんなで集まってひそひそコソコソ怖い話・・・
私は怖い話は、つい信じてしまうので聞くのが嫌で嫌で、
聞いてしまったらば、怖くて眠れないほど・・・
そんなアラフォー世代の私が小学校の時に流行った
怪談話などなどご紹介します。

公園には口裂け女がいている・・・

小学校時代、学校の近くに「三角公園」と呼ばれる公園がありました。
そこには時々大きなマスクをした女性が出てくるそうで、
その女性に声を掛けると、その女性がマスクを外し、

『わたし・・・キ・レ・イ~~??』
と振り向くそうです。

その振り向いた顔は、口が耳まで裂けているそうな・・・

この話、ここで終わるバージョンと
口裂け女撃退バージョンがあり、撃退バージョンは
「キレイです」と答えても「ブサイク」と答えても
その子は行方不明になるので
何も答えず口裂け女に鏡を見せると、自分の顔を怖がって
逃げていくということでした。
なので、鏡を持っている子が多かったです(笑)

ホント、この話を聞いた時は、一人ではその三角公園で遊べなくなりました。

コックリさん、エンジェルさん

ひらがなを紙に五十音順に書いて、
エンジェルさんは、二人で右手で鉛筆を握りあい紙に立てて
「エンジェルさん、エンジェルさん出てきてください」

コックリさんは、十円玉を二人で支え
「コックリさん、コックリさん出てきてください」

と、呼び出し占うのが流行っていました。
最後に鉛筆や十円玉を元の位置に戻し
「ありがとうございまいした」
と終わらないと神様に憑りつかれるというオマケつき・・・

放課後よく集まって占っていました。
でもそのせいで帰るのが遅くなるので
学校ではしてはいけない禁止令がでていました。

コックリさんはキツネの霊でしたが
エンジェルさんはなんだったのかな~?

今もあるかな「学校の7不思議」

・学校の柳の木の下に幽霊がでる
・音楽室のピアノが誰もいないのに鳴る
・午前4時に四階の四番目のトイレで「花子さん」と扉を四回ノックすると
 扉の向こう側からノックが返ってくる・・・

他数個あり(忘れてしまいました…)この7不思議を全部知った人は、
【20歳まで生きられない】とのことでした。

私現在アラフォー・・・しっかり二倍生きていますが
小学生の時はこれまた信じていて、最後の一個を知らないふりをしていました(笑)
学校の七不思議は今もあるそうですが、子どもの行っている学校には柳の木がないので
どんな七不思議か知りたいです。

一番怖くて流行った「この話を聞いた人は・・・」

怖い話を話すってことが流行り出した時、一緒に流行ったのは
「この話を聞いた人は・・・」です。
この「この話を聞いた人は・・・」は、怖い話をした後に

「この話を聞いた人は夜中の1時に起きたら幽霊と会う」だの
「この話を聞いた人は夜中の2時に起きたら霊界に連れて行かれる」だの
さらに怖い条件を付けられる怖い話です。

ホント、何かにつけてすぐ「この話を聞いた人は・・・」でした。

私はその条件を聞く度、その時間まで眠れませんでした(T_T)
小学生で不眠は相当きつかったです・・・

もしかしてこれがチェーンメールの始まりだったのかもしれません。


いかがでしたでしょうか?

トイレの花子さんが私の時代では空想の世界だったのが
今ではマンガや妖怪で出ています。
アラフォー世代でも今の小学生でも怖い話は今も昔も話す内容は
同じかもしれません。
今度は子供達の流行っている物を聞いて比べて楽しみたいと思います。

この記事を書いたユーザー

花さぼてん このユーザーの他の記事を見る

二人の女の子の母です。イロイロ調べたり、考えたりするのが大好きです♪

得意ジャンル
  • 育児
  • ゲーム
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら