講座に来られる方の大半が
【子供たちが言うことを聞かないからイライラする!!】
とおっしゃいます


子供がいうこときかないですよ(笑)
素直に何でも聞いてたらそれは問題です

子供には建前も世間体もありません
だから究極にシンプル
好き、嫌い、これやりたい、これやりたくない

全部自分の気持ちに素直です
その素直な気持ち、
子供の時しかきちんと表現できないよね?

だんだん大人になれば周りのことも気になるし、
自分の思い通りにばかりはできない


子供の時にきちんと自分の思いを伝える


そんな体験があるからこそ
ほんとにやりたい時、
ほんとにしたくない時、
大人になってもきちんと言えるのだと私は思っています


今、自分の思い通りに、
わがままであっても表現できる


(間違えないでね、
この望みを叶える、叶えないは別の話です)


これはほんとに大事なこと。



そして、
あなたが子供だったとき、
親の言うことって素直に聞いてましたか?



たぶん、

早くしなさいって言われたら
早くしたくなくなるし

勉強しなさいって言われたら
やる気になってたのに、、って口答えしてやらないし、



掃除しなさいって言われたら
絶対やりたくないし



あそこにちゃダメって言われたら
親の目を盗んでいきたいと思う




私のオカンは
1度も早くしなさい、勉強しなさい、掃除しなさいって言ったことないんです(笑)


この前聞いてみた
なんで言わなかったの?って



答えはシンプル




だって私はおばあちゃんに言われても
まったくやらなかったからね
やるもやらないも自分で決めること
やらなくて嫌な思いするのも自分でしたこと
そーゆー、嫌な事とか辛い事とかも体験しなかったらわかんない
だからお母さんは言わないのよ



そういえば
私も子供たちには言ってないなぁ


早くしなさいよりも
どうやったら早くできるかを考えてる

ダメって言うよりも
どうやったらダメだわかるかを考える


子供達には自分で考えて自分で動けるようになってほしい
いわゆる自己管理能力がつく
そんな人になってほしいと思っている

あれしなさい
これしなさい
これやっていい?いいよ。のやりとり。


そんな、いちいちいわれなきゃ、
確認しなきゃ動けないような人にしてしまったら一生言い続けなくていけない

だって考えなくて動けるから。
ママの思うように動けばいいから。


ママ、あそこ行っていい?
ママ、あれで遊んでいい?
ママ、これ食べていい?
ママ、トイレ行っていい?


いちいち確認する子供
それに対していちいちいいよと答える母親



なんかおかしくない?


特にトイレ
なんで行っていいって聞くの?
行ってくるよーじゃないの?


なんだかね
安全を考えるために
あれもダメこれもダメって
子どもたちの学びの芽をつんでないですか??



水たまり踏んづけたり、
ドブに葉っぱ流したり、
ちょっと高いブロックで歩いてみたり、
たんぽぽの綿毛水にビシャビシャつけてみたり、
新聞紙ちぎってみたり
画用紙にいっぱいを書いたり
お友達と心底喧嘩したり
いやだってちゃんと言ったり、




なんでダメなのかなぁ?


人はダメって禁止されたら
それは余計に魅力的だと思います


人は体験しないとほんとにわからないです
机上論だと分かったと勘違いしてるだけでほんとにわかってない



勿論、子供にはつらい思いや嫌な思いをして欲しくない


相手に嫌な思いや辛いこともして欲しくない


自分が嫌な思いや辛い思いをしないとその気持ちはわからない
そうゆう言葉を言われたら嫌だとか
そういうことをされたらつらい
って言うことも体験しないとわからない


些細なことも’だめ''あかん'で禁止しているママ達へ

あなたが今こうしていろんなことを知っているのも
あなたの家が大きく見守ってくれて
いろんな体験をしたからではないでしょうか?


自分の小さかった頃の話をお母さんから聞いてみてください

きっと目の前にいる子供となんにも変わりは無いはずです

この記事を書いたユーザー

辻直美 このユーザーの他の記事を見る

育母道 師範
Sling Life アドバイザー協会代表
slingメーカー alma de amma 代表取締役
国際災害レスキューナース(MSF Dーmat JMTDR所属)

大阪府在住
正看護師
元救命救急ナース、災害レスキューを専門とする(吹田市民病院・聖路加国際病院)
現在も救命救急災害レスキューナースとしても活動中(国境なき医師団・JMTDR在籍)
救急についての講演、執筆(著者/エキスパートナース連載、救急初療ケアマニュアル など)

育母道師範 Sling Lifeアドバイザー協会代表として、
定期的なスリングライフ講座や、
スリングをキーワードに『抱く』ということ、
育児の在り方、ママと子供の姿勢についての講演会や講座を全国で開催している。
ママ向けだけでなく、
病院や保育園幼稚園スタッフに向けた講座や
助産師科、看護科、保育科の大学での授業も請け負っている。

〇公式ブログ
http://ameblo.jp/slinglife-love-nao/

権利侵害申告はこちら