夜間や休日にどうしても病院にかからなければいけなくなるのが、やはり子どもの発熱や病気ではないでしょうか?
私も何度か夜間救急病院にかかることがありました。
夜間救急センターがありますが、時間帯によってはまだ診察時間外の場合や、
診療科がない場合も。
そんな時、医療情報システムや救急安心センター等病院を紹介してくれる機関に
電話をして、受け入れ病院を紹介してもらうのですが・・・

受診前に必ず医療機関へ問い合わせしてください

この「受診前の医療機関に問い合わせ」がとてもとても曲者です。
私はこの受診前の問い合わせをして受け入れをしてもらったことは、ありません。
本当に、何のための医療機関紹介なのでしょうか。

初めての利用は長女が10か月の時、嘔吐を数回しましたが比較的元気であり、
熱もなかったので夜間のしかも休日なので様子を見ていました。
ですが、私も具合が悪くなり、発熱。
主人も高熱が出てしまい、嘔吐。
夜間ではありますが診察を受けないといけない状態になり、
医療機関を紹介してもらい事前に連絡をしましたが、

「小児科医がいない」
「ベットがない」

酷い時には理由も教えてもらえず受け入れ拒否でした。

結局は、実家に早朝でしたがHELPの電話を入れ、
なるべく近くの総合病院に飛び込み受診、
大人二人点滴を受ける治療を受けさせてもらいました。
その時、長女も赤ちゃんで本当につらかったです。

最近では休日、インフルエンザにかかった次女が
急に首が痛い!と泣きだし、あまりにも痛がるので怖くなり、
脳神経外科か整形外科を紹介してもらおうと電話をしました。
3つほどの病院を紹介してもらい、受診前の電話をしましたが
幼児という理由で全部受け入れ拒否でした。

病院にも受け入れ態勢があるのは分かっているが・・・

救急患者の場合、当直医が専門外で治療できないと判断すれば、
断っても差しつかえないそうです。

救急診療所でも小児科医がいてることはまずありません。
小児科関係は、夜間・休日の当直医が専門外がほとんどなのが現状です。
なので、小児科関係は特に受け入れてもらいにくいようです。

痛みや体調を上手に伝えられない子どもの病院を探している間、相当不安です。
なのに、やっと病院を紹介してもらっても、

「受け入れ出来ません」

と言われた時の絶望感は計り知れません。

救急車からの受け入れ要請でも、受け入れてくれないケースもあるので、
本当に不安でたまりません。

インターネットが普及している今、
病院を探すだけなら個人でも十分探せます。

番号案内に電話しているのではなく、
受け入れ病院を探しているのだということをもっと意識してもらい
医療情報システムと病院でキチンと連携し
本当に受け入れてもらえる病院を紹介してもらえる体制に
改善してもらえるよう願うばかりです。


この記事を書いたユーザー

花さぼてん このユーザーの他の記事を見る

二人の女の子の母です。イロイロ調べたり、考えたりするのが大好きです♪

得意ジャンル
  • 育児
  • ゲーム
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら