今の時代、スマホやPC、タブレット端末があって当たり前の時代。
便利で、なくてはならない物となりましたよね。
 
しかし、
普段何気なく見ている時の姿勢、
大丈夫ですか??

うつむいた姿勢での機械操作、首への負担27キロ!?


” うつむいた状態での機械操作、首に約27㎏の負担 ” と、
脊椎専門の外科医が試算しているそう。

頭の重さは約6㎏もあるので、
前傾姿勢のまま、スマホを操作を続けると、
通常の状態より、首への負担は約3倍!!

立った状態でメールを読むのは、
8歳児を頭に乗せているようなもの。

とんでもない負担です。

明らかに、肩こりや首こりの人は増加。
最悪の場合、手術が必要になることも。

頭をうつむけて、
首や背骨に大きな負担をかけるのは健康面にも良くはありません。

姿勢が良いとストレスも軽減!?


良い姿勢とは、
横からみて耳の位置が肩の真上にあり、
肩甲骨を後ろに引いた状態。

良い姿勢だと身体にかかるストレスが減り、
ストレスに関係するホルモンである
コルチゾールの分泌量が減少するそう。

思い当たる首の角度。


姿勢が悪いと背骨に負担がかかり、
摩耗や損傷、変形が若いうちから起きやすくなり、
手術が必要になることもある。

首の角度が0度だと首にかかる重さは約4.5~5.5㎏

首の角度が15度だと首にかかる重さは約12㎏ 

首の角度が30度だと首にかかる重さは約18㎏

首の角度が45度だと首にかかる重さは約22㎏

首の角度が60度だと、首にかかる重さは約27㎏

ストレートネックに気をつけて。


「ストレートネック」
長時間の使用で下を見ていると首が前傾し、
本来あるべき首のカーブが失われてしまいます。

その状態が、「ストレートネック」

症状は肩こりや首痛はもちろん、
頭痛、めまい、腕のしびれや肩が上がらない、三十肩症状。


以前は50代中心であったが、
現在は30代中心にも多発。

解決策は??


頭をうつむけるのではなく、
スマホやPC、タブレット端末画面を目の前に掲げるようにしましょう。

出来るだけ、首を下向けずに
画面を目線の位置にあげる方がいいのです。

そして、こまめに休憩することや、
ストレッチなどを意識的にしてあげるといいですね!

この記事を書いたユーザー

ayumi このユーザーの他の記事を見る

大阪 エステサロン代表、講師、美容家、美容ライターと活動中。

美容専門学校にて肌理論、メイクアップなどトータルビューティーを学び。
エステサロンでの勤務後、オーストラリアへと渡りフリーエステティシャンとして活動を開始。
帰国後、大阪にてprivate salon Laule'aを立ち上げ、イベント講師、美容家、美容ライターとして美容に関することに携わっています。

得意ジャンル
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス