Amazonで発売されているKindleはとっても便利!

まず軽い。ボディが樹脂製だからでしょうか。お値段相当ではありますが、裏側は滑りにくくなっており不満はないです。片手で持って読むことも可能。

画面も特に不満はありません。電子インクは個人の好みもあると思いますが、普段使用している分には全く気になりません。。

バッテリー長持ちは、期待したほどではありません。広告が定期的に変わるから、それの受信だとか表示だとかで余計にバッテリーを消耗しているのかわかりませんが、アマゾンのHPで紹介されているほどではないです。
とはいえ、スマートフォンや携帯ゲーム機(3DSなど)よりは遥かに長持ちしています。一週間程度の出張ならば充電ケーブルなどは不要です。

この端末は、読書に特化しているので他のことができないのがメリットと言えます。
何でもできちゃうと、ネット見たり他の事をしちゃうけど、Kindle Paperwhiteは本に集中できる環境にあるので、ある意味では潔く、良いところと言えるのではないでしょうか。

そして、辞書が既にインストールされているので、読書中に、読み方や意味が解らなくても直ぐに調べられて便利。辞書は、人によっては不満があるらしいのですが、通常使用する範囲で不満は感じません。ウィキペディアで調べものをしたらついつい関連項目をハシゴして、あげく全然関係ない事とか思いついたことを調べて時間を使ってしまう、という事も無いのが良いです。(これはこれで楽しいんですけど)

購入後に知ったのですが、Kindleでは誤って本を購入してもキャンセルすることができます。間違って買っちゃっても、直ぐに返品を選択すればキャンセルとなり、勝手に端末から削除されるので助かります。
また、期間限定の試し読み等もあるので、それをDLして読んだりするなどすれば、立ち読み感覚で結構楽しめます。

一番「え~」と思ってしまうのは、(わかってはいたのですが)紙の本と比較して、電子書籍があまりり安くなっていないこと。紙の本より数百円程度しか安くないと、私の場合は「じゃあ書店で紙の本を買おう」と考えてしまいます。中古本の価格と比較すると、電子書籍は圧倒的に不利ですね。

青空文庫も読めますから、読書好きなら買って損は無いアイテムと思います。割とおすすめです。

この記事を書いたユーザー

ウメちゃんパパ このユーザーの他の記事を見る

やっと家庭を持てた新米パパ。
月並みに世帯を持ったと思っていたら、娘に障害の疑いが!
アメブロにて親としての苦悩や葛藤などを書きなぐる、平凡なサラリーマン。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス