皆さんは理不尽な、いや不当な交通交通取締りに遭遇したことがあるでしょうか。
私は連休初日に、一時停止違反で理不尽な交通取締りに遭遇しました。

右折優先の道路で、私は一時停止をして右折車輌が曲がるのを待っていたのですが、こちらに行っていいというゼスチャがあったので直進したところで警官が出てきました。

「あなた、今、一時停止しませんでしたよね」
「え?止まって、右折車が行っていいというから・・・」
「いや、私見てましたから。とりあえず原点1ね。」

というわけで、その警官と話すことになりました。
こちらは一貫して、上述の理由を話すのですが、警官も違反の一点張り。
しかも「じゃあ、仕方ないね。確認義務違反だから、2点になるね」と段々、減点数が増えてくる始末。「じゃあ」って何でしょうか。圧力にしか感じません。

しかも、”交通反則告知書”というものに、自分に過失があったことを記載しろ、と強要されそうになりました。なんと理不尽なことか、と思い「自分は違反していないが、警官が自身の主観により違反していると言って解放してくれないので、やむを得ないのでこれを書いている」と書いてみました。

すると!

「これは困る。たとえばブレーキの踏みが甘かったとか、一時停止の標識を見落とした、とか、そういうことを書け。みんな書いているんだから。」

と言うではありませんか。そういうことを強制していいのでしょうか。書いているんじゃなくて、書かせているのではないでしょうか。

お断りしましたが、上記のことを強要されたとまで書いてやれば良かった。
理不尽な取締りは意外と多いらしく、自分の周辺でもよく聞きますし、ネットで検索すると沢山ヒットしますね。

これから交通安全週間で取り締まりも増えるようですので、みなさん十分にお気をつけください。

反則金7000円・・・支払いたくないなあ。

この記事を書いたユーザー

ウメちゃんパパ このユーザーの他の記事を見る

やっと家庭を持てた新米パパ。
月並みに世帯を持ったと思っていたら、娘に障害の疑いが!
アメブロにて親としての苦悩や葛藤などを書きなぐる、平凡なサラリーマン。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス