出典shutterstock

テレビで錦織圭選手のテニスの試合を見るたびに、不思議に思っていたことがありました。それは点数。数えるときは、ラブ→15→30→40になりますよね。
今回は、そもそも“ラブ”って何なのか? また、15→30→“45”ではなくなぜ15→30→“40”なのか? この2点について調べてみました。

■1:テニスで0点に“ラブ”が使われる理由

まず、0点をラブと呼ぶようになったのは、いくつかの説があります。ここでは、有力な説を3つご紹介します。
(1)そのものズバリの“LOVE”説
愛情説ともいいます。全く点数が取れない相手に対して「ラブ」と優しく呼びかけたという説。ちょっと素敵ですね。
(2)フランス語は「発音しにくいんだよ」説
現在のテニスはフランスが源流です。フランスでは0を卵に見立てて、「ロエフ(フランス語で卵)」と呼んでました。
テニスがイギリスに渡った時に「ロエフ」は発音しにくいので、発音が近い「LOVE」なったというもの。
それでは、両方共、並べてみましょう。「l’oeuf(ロエフ)」と「LOVE (ラブ)」。確かに似ていますね。
(3)“LOVE=無”説
英語のLOVEには、かつて愛情とは別に“nothing(何も無い)”という意味が存在。だから“LOVE=何も無い(つまり0点)”という説です。

■2:テニスの点数が“15→30→40”な理由

次は、点数表示が中途半端な謎を解明していきましょう。
こちらも諸説ありますが、最も有力なのが“時計の文字盤説”です。かつてテニスの試合をする時には大きな時計を持ち出して、それで得点をあらわしていた名残だと言われています。
大きな壁掛け時計を思い浮かべてみてください。遠くから見分けられるのは0と15、30、45の位置ですよね。それで、15単位になったというもの。
でも、ちょっと待ってください。0と15と30はそれで説明つきますが、なぜ次は45でなくて“40”なんでしょう。
それは、発音。“45(forty-five)”の発音はめんどくさいけど、“40(forty)”なら簡単です。テニス会場で“40(forty)”といえば、みんな「あ~3点目だね」と分かります。
つまり、後半を略しちゃったんですね。
これは、マクドナルドを“マクド”と縮めるようなものですよね。いつの間にか略したものが正式な点数になってしまって、今では正式な記録も“0−40”とか表示されるようになっています。
以上が、テニスに関する数字の謎でした。いかがでしたか? 愛があったり無かったり、発音がしにくいからと勝手に表示も変わったり、なんか人間臭いスポーツですね。
これからテニスでラブという点数を聞いた時は、愛を感じようと改めて思ったシール坊でした!
(文/シール坊)

この記事を書いたユーザー

Suzie編集部 このユーザーの他の記事を見る

女性が「こんなの知らなかった」と思える、数字のお話をお伝えしていくWebメディア。お金や時間の記事を中心に、カロリー、給料、残業、IQ、慰謝料、体温、人数などの数字トリビア記事を配信中。普段気付かない、意外な発見と驚きの数字が満載です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス