Licensed by gettyimages ®

雨の時にたいへん役に立つ長靴。浸水して避難する時にも役に立つと思いがちですが、却って危険を招きやすいことをご存知ですか?

なぜ長靴での避難が危険?

出典 http://www.bangkoknavi.com

なぜ長靴をはくと危険なのか?被災地支援に取り組む名古屋市のNPO法人「レスキューストックヤード」の担当者は「長靴の高さより水位があると、水が入ってきて、重たくなる。水に強いと思われがちな長靴だが、逆に足手まといになってしまう」と説明します。

確かに浸水時の水深が長靴の丈未満と分かっていれば問題はありませんが、それを超えてしまった場合には長靴いっぱいに水が入ってしまうことになります。そうなると便利なはずの長靴が足手まといになるのも頷けます。途中、長靴を脱いで避難するのも危険行為。濁った水の中にはガラスや釘、木片など何が沈んでいるのか分かりません。

何を履いて避難すれば?

Licensed by gettyimages ®

避難する時、一番いいのは紐靴やスニーカー。濡れることなど考えず、履き慣れたスニーカー等で避難することをオススメします。咄嗟に履きやすいからと、かかとのないサンダル等での避難はすぐに脱げてしまいますし、ケガをする危険が高いので控えて下さい。

Twitterでも話題になっています

このように、浸水時の避難は長靴は厳禁。近年、災害が多くなた日本。東京都が「東京防災」というタイトルでマニュアルを作成。都民に配布しています。いつ発生するか分からない震災や災害には日頃からの備えを意識することが大切です。

自然災害の規模や状況は時と場合によってどのようにも変化するため、たったひとつの正解があるわけではありません。ですが、思い込みだけで「よさそうなモノ」をチョイスするのではなく多くの情報に触れ選択肢の幅を広げることも大切です。ご訪問ありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス