気遣いが嬉しい

妊娠中は、外出が少なかったせいもあるかもしれませんがあまり人の手を借りることがありませんでした。
お腹が大きくなり目立つようになってから、スーパーなどでレジの人が袋詰めしてくれたりカゴを運んでくれたりはしましたが。
それもとても助かりました。

子供と出歩くようになって

子供を連れていると、とてもよく話しかけられます。
子供に構ってくれる人、体験談などを話してくださる方…たくさんの出会いがあります。
人見知りでしたが、子供ができたらそんなこと言ってられないなと思い頑張って対応しているうちに雑談ができるようになってきました。

見かけで判断するべからず

仕事帰り、子供を抱っこしてコンビニに寄った時のこと。
目つきが鋭く、無愛想な雰囲気の店員さんが迎えてくれました。
正直、ちょっと怖そうな人だな…と思ってしまったのですが実はかなり子供が好きなようで。
会計の間ずっと子供に「よっ」とか「おう」とか挨拶しながら構ってくれていました。
残念ながら我が子は無表情で無反応でしたが(笑)
見た目で判断したことを申し訳なく思い、反省しました。

意外と子供好きは多い?

マットの敷かれた休憩スペースで子供を遊ばせていた時のこと。
しばらくすると、知らない男性がやってきてストレッチを始めました。
すると我が子は、寝転がってる‼︎と大喜びで向かって行ったのです。
普段から私が寝転がると顔を輝かせて襲いかかってきますからね、体に乗ったり顔を掴んだりするのが大好きなのです。

しかし相手は知らない人。

やめなさいと引き離しても引き離しても向かって行く我が子。
ちょっと前まで人見知り期だったのに…もはや遊んでくれる遊具だと信じて疑わない顔をしていて焦りました。
離れようかと思ったところ、「大丈夫ですよ、いいですよ」と言ってくださったので掴みかからない程度に遊ばせて頂くことに。
間近で顔を観察したり、足元に行って足を眺めたりしながらご機嫌で、ついには腕を掴んでしまいましたが怒らない優しい方でした。

甘えすぎて迷惑をかけたり図々しくならないよう気をつけなければいけませんが、子供好きな人との出会いは子供の成長にも良さそうです。

手助けがありがたい

ある日、休日だからと張り切って買い込んだ時のこと。
子供を抱えながら大量の荷物を持って駐車場を歩いていたら、見知らぬおばさまが「ちょっとお母さん!荷物持つわよ!」と言って手を貸してくれました。
幸い車を止めている場所が近かったため、車まで運んで頂けてとても助かりました。

また別の日にも、安かったからと重い物を買ってしまい後悔しながら歩いていたら、知らない若い女性が声を掛けてくださり途中まで荷物を持ってくれました。
この時もかなり重かったのに…年齢を問わず優しい人も居るんだなと思った出来事でした。

感謝を忘れずに

大変なのは見てわかるでしょ、助けて貰って当たり前!
…そんな態度では、次からは見て見ぬ振りをしよう…と思われてしまいますよね。
ちょっとした手助けで嫌な気分になったら、もうその人は他の人にも声をかけるのをやめてしまうかもしれません。
優しさや気遣いは、当たり前ではないのです。
感謝の気持ちは素直にハッキリと伝えましょう。
それがお互いに気分を悪くしないためのマナーだと思います。

出典著者撮影

この記事を書いたユーザー

歌龍吟伶 このユーザーの他の記事を見る

鹿児島在住。子育てしながら働く、100円ショップ巡りや料理好きな母です。
出産を機に手芸•裁縫も始めました。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • 動物
  • 育児
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス