自民党の安保法案を、誰が言ったか ❝戦争法案❞ と銘打って反対デモが起きていますが、あまりにも過剰反応に見えるのは気のせいでしょうか。

そもそも法案の内容をわかっているのでしょうか。❝戦争が出来るようになる法案❞ という言葉だけが独り歩きしていて、野党やメディアに流されていないでしょうか。

安保法案が憲法第九条に違反している、というならば、まず自衛隊を無くさなければならないはず。自衛隊を容認しておきながら戦争法案呼ばわりは変な気がします。

日米安保条約はあっても、そもそも自衛隊が存在しなければ、今回のような騒動はなかったはずです。日本は平和憲法があるから有事の際は何もできない。だからアメリカ軍に守ってもらいましょう。これが正論でしょう。


ではなぜほとんどの人が自衛隊を容認しているのでしょう。憲法第九条は ❝戦争と武力による威嚇又は武力の行使は永久にしない、そして軍隊を持たない❞ となっています。おかしいですね、すでに60年近くも憲法違反が続いています。

これは戦後の国際情勢の流れを見てきて現実的に考えたとき、非武装で日本の平和を守るのは無理だと、心のどこかで思っているからではないでしょうか。


実際、冷戦時代はソ連の脅威があり、冷戦が終わってからは北朝鮮のミサイル問題や、中国の軍備の増長、近代化による脅威が増しています。ロシアとの北方領土、韓国の竹島実効支配も解決していません。中国による南沙諸島の実効支配、基地建設も日本と無関係ではありません。

尖閣諸島でも緊張が続いています。万が一、他国から占拠された場合を想定して自衛隊、もしくは日米共同での奪還訓練(演習)の数も増えてきました。これについても憲法違反だという人はほとんどいません。第九条を守っていたら、日本の無人島はすべて他国に占拠されてしまうでしょう。


憲法改正が先だけど、至極当然のことをしようとしているのではないか

このように、他国では当たり前のようにやっていることを日本はやることが難しかった。当然です。憲法第九条がありますから。

今のアジア情勢を見てみるとどうでしょう。北朝鮮と中国の軍事的脅威が増し、自衛隊がいても領空、領海侵犯は頻繁に起こり、どうせ警告しかできない、となめられてる気がします。

今まではそれでよかった、大事にならずに済んだ、で終わっていましたが、これからもそうなるとは限りません。

昔に作られた法律が現状にそぐわなくなっているのと同じで、国の守り方と国際社会での日本の在り方を考え直すことはそんなに悪い事なんでしょうかね。憲法第九条を守れ!、ただそれだけではダメな気がします。

この記事を書いたユーザー

このユーザーの他の記事を見る

自らの体験に基づきながら独自の視点で物事を捉えていきます。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 暮らし
  • テレビ
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら