いよいよ秋シーズンになりました。肌を出す機会が少なくなる季節とはいえ、肘や膝の黒ずみでお悩みの方は多いのではないでしょうか。肘と膝の黒ずみは人の目につきやすく、お洒落をしても清潔感をそがれてしまいます。そこで、今回は肘や膝の黒ずみの原因と良い対処法をご紹介します!

膝や肘が黒ずんでしまう原因とは

■摩擦

ひじやひざの黒ずみの原因は、汚れではありません。日ごろの生活で起こる「摩擦」による、くすみや色素沈着が黒ずみの原因なんです。

出典 http://bihada-mania.jp

普段、何気ない行動の中で摩擦が生じることによって、皮膚を守るために角質が分厚くなり黒ずみの原因となってしまうとは驚きです。

■乾燥

元々、ひじ・ひざは皮脂腺が少ないので、乾燥しやすくなっています。顔の皮膚でも皮脂が少ないと乾燥し、くすみが生じるのと同様、乾燥しやすいところにダメージを与えていくと皮膚はどうしても黒ずみやすくなります。

出典 http://antiaging.akicomp.com

顔のケアには気を使っていても、肘や膝はうっかり忘れてしまいがちですよね。乾燥は美容の大敵なのです。

摩擦や乾燥によって肘や膝が黒ずんで見えてしまうことがわかったところで、ここからは肘や膝の黒ずみに良い対処法をご紹介します!

肘や膝の黒ずみに良い6つの対処法

1.ゴシゴシ洗わない

「ひじやひざはシワになっているから、そこに汚れがたまって黒ずんで見えるんだ」と、汚れを落とそうと必死にゴシゴシ洗っている人はいませんか?それ、実は一番やっちゃいけないことなんです。ひじやひざの黒ずみの原因は、汚れではありません。

出典 http://bihada-mania.jp

ゴシゴシ洗いは禁物です!良く泡立てた石鹸で優しくマッサージするように洗いましょう。

2.頬杖をつかない

ひじの黒ずみが目立つ人に多いクセのひとつが「頬杖」です。そして、立てひざをする人は、ひざの黒ずみが目立ちがちですね。まずは、こういうちょっとしたクセを直していくことが大切です。

出典 http://bihada-mania.jp

頬杖をつくような、何気ない生活習慣が肘の黒ずみを悪化させる原因になってしまうようです。心当たりがある人は、すぐに直しましょう!

3.床に膝をつく動作をしない

床拭きなど掃除をするときに膝立ちをするクセがついている人は、その刺激で色素沈着を起こして黒くなってしまいます。まずは、膝に体重をかけないように気をつけて!

出典 http://slism.net

ついついやっていまいがちな膝立ちクセは黒ずみを悪化させてしまいます。今日から、膝に圧力がかかることは避けましょう。

4.湯船に浸かる

湯船にゆっかりと浸かることも大切です。お風呂に入ると皮膚が柔らかくなり、角質も柔らかくなります。

出典 http://xn--98jwbwczdu335csmrb.com

湯船にゆっくり浸かって角質を柔らかくしたら、次は肌のケアをしましょう!

5.簡単スクラブで角質ケアをする

用意するものがグリセリンと重曹だけ。小さな容器にグリセリン小さじ一杯重曹小さじ2杯を入れてかき混ぜればでき上がり。あとはお風呂に持っていって気になる部分に優しくクルクルなでるようにしてなじませるだけです。

出典 http://sp-live.net

手作りのスクラブでもいいし、市販のスクラブ剤でもケアできます。黒ずんだ肘や膝の皮膚表面の古い角質の除去を行い、保湿をしっかりしましょう。

6.保湿する

保湿ケアも顔のスキンケアと同様、皮膚が潤っていれば肌トラブルは防ぐことができます。皮膚の中に潤いを与えることも大切ですがまずはひじ・ひざの表面をしっかり保湿し、乾燥しにくい環境を整えるようにしましょう。

出典 http://antiaging.akicomp.com

色素沈着に効果的な成分と保湿効果のある成分が配合されたクリームなどで、毎日、ケアすることが大切ですね。

まとめ

いかがでしたか。肘と膝の黒ずみは生活習慣を直すことと、毎日のケアで対処することができます。キレイな肘と膝を手に入れましょう!

この記事を書いたユーザー

sureina このユーザーの他の記事を見る

美容ブログと電子書籍を出版執筆しながらブロガーとライターとして活動中です♪

権利侵害申告はこちら