男女の出会いがあると必ず行われるのが、
LINEを始めとした連絡先の交換かと思います。
最近では、Iバンプやフルフルなんかでも
行われている所謂「婚活儀式」です。
勢い余って、興味のない人からまで、
雰囲気にのまれてしてしまい、後で
ウザいメールが来ることがあるかも知れません。
無視したり、反感買って変な噂を
流されたりしないような、賢い断り方を
実体験も含めてご紹介します。

出典date-planner.info

男の自尊心を傷つけず、不快を与えない。

お誘いに関しては、行きたい気持ちを出しつつ、
用事があるので難しいという。その上で、
用事が終わった時点で、私の方から
誘っても良いですか?という
セリフをつけるというものです。

魔法の言葉6選☆

1:「すみません。今日は
友人のお見舞いに行くんです。」
誰のお見舞いでもいいですが、身内は
他の断り文句にも使えるので、まずは、
友人を使わせてもらいましょう!お見舞いと
言われたら、無理強いできないでしょう。

2:「せっかくですが、今日は田舎から
祖父母が出てきているので、食事に
連れていってあげる予定なんです。」
おじいちゃん、おばあちゃんを大切にしている
印象も与えられて、あなたの印象も
良くなりますし、そう言われたら、
無理には誘えないでしょう。

3:「今日は病院に予約を入れているので…」
具合が悪いわけではなくても、歯医者や
皮膚科や眼科、色々通わなくてはならない
病院はあるので、断り文句になります。

4:「この後、習い事があって、残念ですが…」
また、誘われることもあるかもしれませんが、
習い事も単なる趣味ではなく、資格取得とか
大切なものも沢山あるので、
それを理由にしても、決して失礼では無いです。
頑張れる何かを持っている人は素敵ですしね!

5:「今日は予定が入っていますが、
今度皆で行きませんか?私、皆で
ワイワイするの好きなんです!」
2人きりはイヤでも、大勢なら行っても良い。
と、思っているなら、みんなで盛り上がるのが
好きとアピールすることで、相手に
嫌な思いをさせずに、やり過ごせます!

6:「今日、同窓会があるので…残念ですが…」
同窓会は一大イベントなので、ちょっとした
お誘いより大事ですよね!だから、
断りやすいのではないでしょうか?

出典girl.sugoren.com

言ってはいけない3つのNGワード

1.「また今度ね」
なんとかその場を逃れようとして、
「今日は難しいからまた今度ね」と、
言ってしまいがちですが、これはNGワード。
なぜなら相手は、「また次に
誘えば乗ってくるはずだ」
と勘違いしてさらにしつこく誘ってくる
かもしれないからです。次の機会はない事や
何度誘われても気持ちが変わらない事を
伝えなければなりません。少し冷たく
感じられるかもしれませんが、あえて周りの人も
居る時に聞こえるような感じで、
「申し訳ないけど何度誘って頂いても
行くつもりは無いので…」と
ハッキリ言いましょう!

2.バレやすい言い訳をする
とっさの言い訳として、
「その日は旅行に行くから無理」とか
「実家に帰らないといけないから」などと
架空のバレやすい言い訳をすると、
バレてしまった時に相手は傷つくと同時に
ウソをついていた事をとがめるかもしれません。
角が立たないように言い訳を考えたつもりでも、
かえって相手との関係が前より悪化したり
最悪の場合相手があなたを悪く言って、
良くない評判が広まることもあり得ます。
ウソをついて、その場をごまかすのではなく、
「自分にはその気がないので行かない」
という事を伝えた方が相手にとても親切な事です。

3.「ごめんね」
何も悪いことをしている訳ではないので、
相手に対して謝る必要はないですよね。
何度も「ごめんね」と言ったり、
すまなそうにしていると相手は
その態度を誤解する可能性があります。
「こんなに謝っているという事は
本当は行きたいはずだ」と思いこみ、
誘いがエスカレートする可能性も
あるので気を付けなければいけません。

如何なる時も誠意を忘れずに!

今までの人間関係をキープしつつ、
お誘いをお断りするのは、
テクニックが必要です。
相手へのダメージや体面をケアしながら、
「誠意を持って」お断りする。王道ですが、
これが一番。既に恋人がいる人は、
きちんと恋人の存在を告げましょう。
恋の相手には見ることが出来ない事を
しっかりと言葉で伝えましょう。

ただし、今の関係(職場、仕事、友達関係)では
とても好感を持っている事は伝える事が大切。
そして、これからも今までの関係を
継続して貰える様にお願いをすると
角が立ちません。恋人がいる人は、普段から
その存在を表に出しておくことも必要。
仕事のシーンでも、薬指の指輪ひとつで、
男性の存在をほのめかす事が出来るため、
男性もアプローチは控えるはずです。

恋人がいない人も、その気がない男性から
アプローチされそうな空気を察知したら、
仕事中は指輪をしておくのも予防線になるはず。

この記事を書いたユーザー

YUKiE このユーザーの他の記事を見る

フリーランスクラリネット奏者です。
演奏活動の他に、中学校、高等学校の
吹奏楽部のコーチ、全体指導もやっています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス