マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展

出典 http://websta.me

東京都美術館にて2015年9月19日(土) ~ 12月13日(日)
(東京都美術館の終了後は福岡美術館、京都市美術館、新潟近代術館の順に開催予定)

マルモッタン・モネ美術館には、印象派を代表する画家クロード・モネ(1840-1926)の、86歳で亡くなるまで手元に残したコレクションが所蔵されています。本展は、息子ミシェルから同美術館に遺贈されたこのモネ・コレクションを中心に、約90点をご紹介するものです。

出典 http://www.tobikan.jp

日本で何度もモネ展は開催されていますが、
あまりにも有名すぎる「睡蓮」など、どうせ毎回同じでしょ、と思っていませんか?
2015年ならではの楽しみ方もありますよ。

めったに貸し出されないド・ベリオ医師のコレクション。

モネ展ポスターにも使われている、「日の出」は21年ぶりの来日。印象派という呼称の由来となった作品です、こちらは9/19〜10/18期間限定展示。
10/20〜12/13は「ヨーロッパ橋」「サン=ラザール駅」。

晩年のモネの代表作、「睡蓮」6点、「日本の橋」6点。同じ場所の風景を時間を変えて描くモネの特徴ともいえる連作、間違い探し的にみるのも楽しいです。

田辺誠一さんの「かっこいいモネ」

出典 http://ameblo.jp

田辺画伯のキャラクターデザインの発表後に「カールおじさんに似ている」の声がツイッターなどでも多数あがっていましたが、画伯の代表作「かっこい犬」の流れからだとまぁ、こうなるでしょう。
モネ画伯&田辺画伯の人柄にも似て、憎めないキャラのかっこいいモネ、オリジナルグッズも数々されています。

かっこいいモネの公式アカウントもね

モネの愛用品の展示もね

モネが愛用していたメガネやパレットも展示されます。

白内障を患っても傑作を描き続けたモネ、特注品の着色眼鏡は日本人の職人技。
このことがきっかけで、黄色の着色眼鏡が白内障術後の色視症対策として用いられるようになったのです。

作品だけでなく愛用品からも、モネの生涯に思いをはせてしまう。

一昨年話題になった「風立ちぬ」のオマージュは

宮崎駿監督「風立ちぬ」のポスターがモネの「日傘をさす女」によく似ていると2013年に話題になっていました。
この作品が今回展示の90点にふくまれているかどうかはわかりませんが、展示されるといいですね。
モネはカミーユ夫人をモチーフにした作品も何枚か描いています、私は「日傘をさす女」がモネの作品の中で一番好きです。
32歳の若さで亡くなったカミーユ夫人は、菜穂子と同じく結核を患っておりました。

デートにもオススメのモネ展。
ウンチクを嫌われない程度にサラッと語れたら、かっこいいかもね。

この記事を書いたユーザー

みなみより このユーザーの他の記事を見る

大学生男子と小学生女子の母です。家族全員が何かしらの病気を抱えているので健康関係の記事に興味があります。お料理レシピ投稿が趣味です。

得意ジャンル
  • インテリア
  • ライフハック
  • 料理
  • 暮らし
  • テレビ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス