ここ数年新たな機内アナウンスのフレーズでとても気になって

いるのがあります。それは「いつも定時運航にご協力ありがとう

ございます」と言うフレーズです。実際今日東京から大阪空港

まで乗った便で「出発の時刻となりましたがあと1名のお客様の

搭乗をお待ちしております」いやいやお待ち申し上げているのは

私達「定時運航」にご協力させて頂いた乗客です。もし、遅れて

いるのが私のような一般客なら「お待ち」頂けないでしょうし、

有無を言わせずに定時出発するのが本来の作業手順だと

思います。

定時運航の賞があるそうです。

まぁ、獲得すればアピールにはなると思います。

さしずめ動画投稿サイトにあるような遅れたいや定時運航に

非協力的な「お客様」がジタバタしたり悪態をついたりするのが

オチです。結局、定時出発または定時運航なんて「お客様」の

「ご協力」の賜物ではなく、航空会社の作業規範次第なような気がします。

それとも定時出発をさせずに「お待ち申し上げて」いなくてはいけない

更にとても大事な「お客様」がいらっしゃるのでしょうか?

イヤ、別に今日の「お待ち申し上げたお客様」の結果伊丹空港の到着が

遅れて乗れるはずの空港バスに乗られず、三宮の待ち合わせ時間に間に

合わないのを覚悟で、30分後のバスよりも少し早く大阪空港を出る

モノレールと電車を乗り継いでとてもイライラしている腹いせでは

ありません!ゼッタイに!

イライライライライライライライライライラハッ?

あら~えらいとこ見られてしもたわぁ~

この記事を書いたユーザー

hobotanchan このユーザーの他の記事を見る

一年の半分近くを旅するような生活をしています。そこで見て聞いて味わって感じたことや。趣味のライブに出向くこと、すこしだけ詳しい健康関係のことなどを書ければと思います。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 美容、健康
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス