1字違いでアホほど違う!?

そろそろ、飽きてきました。
もう、何のインパクトも感じません。
だから、
止めましょうよ~~~。


「すっぴん」


女性タレントのすっぴん自慢。
それに異常に反応するマスコミ。


なんでこの程度のことが、話題になるのか解らない。
必要なことだとは、全く思えない。

つまり、

「どうでもいいこと」なのです。



すっぴんと自称する画像を、自身のブログやツイッターに載せる。
それを広告に利用する。


だから!?


どんなリアクションがご希望でしょうか?
他に、自慢することはございませんか?
他に才能や魅力がある人は、そんなことに時間は費やさないでしょうねぇ・・・。



すっぴん自慢。

そんな人を見ていて。


なんだろう、この胸に去来する、この取るに足らない虚無感は、そして、哀れさは。
なぜ、こんな感想が生まれるのだろう。
なぜ、この程度の感想しか、生まれてこないのだろう。
それは、それが「すっぴん自慢」だから。


いかん。

このままだと、抜け出せない奈落へのスパイラルに引きずり込まれる。
まともに相手をしていると、こちらがバカを見る、そして、笑われる。
この話題はこれで、おしまい。



美しさの本質は、そんな薄っぺらなファンデーションの裏表にはない。
それが解っている人は、すっぴんなど自慢しない。
だから、美しさの本質が見えないものに、私は惹かれない。

この記事を書いたユーザー

rubbish-JPN このユーザーの他の記事を見る

社会の片隅で、日々の暮らしの中、生きるための目的を探し、そして、残り少ない時間をどう過せばいいのかを模索しながら今日に至った人間です。果たして私は何が残せるのか?
別に残せなくても、それもまたよし。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス