魔の二歳児!

イヤイヤ期真っ只中の二歳児男子は、ママたちを一日中怒らせることもしばしばですよね。
返事は「いや。」
お友達とは遊びたいけれどおもちゃの取り合い。
危ないことに果敢に挑戦し、結果泣く。
眠いとグズグズしだしたり、乱暴者になったり。
毎日、走り回ったり、何者かと戦い続けたり、ママたちはすべての力を使い果たし子育てをしていますよね。

魔の二歳児、本当にその通りですよね。

魔の二歳児にきゅんとさせられるママたち

そんな中、ママたちの話題であがるのが、
『息子たちの胸キュンエピソード』

『ママ、頑張ってるね。えらい、えらい』

ある夕方、ママは子供と遊んでいました。
お昼寝もし、ご機嫌な息子を見ていて、ママはこんなことを感じたそうです。
『一日、怒りすぎちゃったな。』と。

口に出したわけではありませんでしたが、
ママは子供の笑顔を見ながら反省していました。

すると、
『ママ、頑張ってるね。えらい、えらい』と、
頭をなでなでされたそうです。

子供は本当に敏感な生き物。
ママは嬉しい気持ちで、
『明日は少し穏やかに頑張ろう』と思えたそうです。

『かわいーね。』

旦那様はなかなかほめてくれませんよね。
けど、2歳児は違います。

ママが新しいお洋服を着ていると
『ママ、新しいお洋服?うん!かわいーね!』

浴衣を着ると
『ママ、これが浴衣?ピンクかわいーね!また着てねー♡』

3コインズでネックレスを見つけて
『ママに似合うよ!かーいーよ!買ったら?』

それを違う日につけていると
『ママ、それ僕が選んだやつだね!似合うねー♡』

と、エピソードは数知れず。
いつかは、他の女性に目移りするだろう未来は目に見えていますが、普段頑張っているママのいまだけの特権ですね。

『ママはぼくが守るよ!』

保育園が決まり、ママも毎日お仕事の日々。
ある日の朝、ぼーっと車で息子を保育園に。
しかし、ふと気がつくと職場に。
『あれ?保育園よるの忘れた!!』
ママは焦ったそうです。
『いまから保育園つれていくね!ごめんね。』

すると息子が
『ママ大丈夫。ママはぼくがまもるよ。』
と。

ママが疲れていたのを察してくれたのでしょうか。そのやさにママは毎日怒ってばかりだけれど、この優しさがあれば大丈夫!と、安心したようです。

『ママはぼくのだ!』

パパがママと仲良くおしゃべりをしているとき、
パパがママがちょっかいを出しているとき

仮面ライダー好きな息子は仮面ライダーに変身し、

『やめろママはぼくのだ!』

と、戦いを挑みます。

取り合いをされるお姫様気分はこの上ない幸せですよね。

一番近くでママの頑張りを見ています

ママが頑張っているのを一番近くでみています。
いつだってママの味方です。
ママがだいすきでしかたないです。
ママが世界で一番大好きなんです。

こんなあま〜い言葉をママたちは、大変な育児の活力にしているんですね。

この記事を書いたユーザー

moooi このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • インテリア
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら