どこの家にも1本はある、使い勝手の良いつっぱり棒。

デッドスペースで使えば収納スペースも増えて便利ですよね。つっぱり棒をうまく活用している方々のアイデアが参考になります。そこで今回はTwitterでみんなが披露しているつっぱり棒の活用術を紹介します。

つっぱり棒でデッドスペースを活かす

釘をうったり、ネジ穴をあけたりする必要がないため一人暮らしの賃貸で使っている人が多いようです。

この写真ではアミを固定していますが、あえてそのままにして、天板ごと引き出せるようにするのもいいかもしれません。

よくある使い方ですが、ティッシュを逆さまにしてつっぱり棒に乗せるアイデアはなかなか秀逸です。

物干し竿の代わりに

あまり大量の洗濯物は干せませんが、雨の多い時期には助かります。

つっぱり棒とフックと組み合わせた収納

組み合わせることで可能性が広がります。

キッチンや風呂場、トイレなどつっぱり棒が活躍する場所はいたるところにあります。

ベビーゲートや猫の脱走防止ゲートにも

これまではつっぱり棒のスタンダードな使い方でしたが、こちらはちょっと変わり種。

壁に傷を付けたり、特別な道具が必要なかったりするため賃貸でも安心して使うことができますね。

今回紹介したのはつっぱり棒の活用方法のほんの一部です。あなたの発想一つで、どういうふうにも使えるので、家の中を見回して「あ、ここつっぱれるな」という場所を探してみてください。

この記事を書いたユーザー

たつや このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • マネー
  • インターネット
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス