後頭部や耳の後ろがビリビリ痛いことありませんか?

頭痛?最初はそんな風に感じるかもしれません。ですが、どうも痛みが頭痛とは違い皮膚の表面がビリビリと痛み、何だろうと思うほど結構強い痛みが走ります。何かにかぶれたのか?と鏡で見ても皮膚の上では何もなく、炎症などが見当たらないということがほとんどで、どうしたらいいかわからないけれど、何日もビリビリと痛いのです。

そんな経験、ありませんか?実はコレ「神経痛」だったんです。

皮膚の上をビリビリと走るような痛み

後頭部や耳の後ろ、首から頭頂部にかけて、もしくは頭全体の「表面」が痛いと感じるのです。表面となれば、皮膚の炎症のように感じて確認しますがいたって問題ないことが多く、ひどい場合はちょっと触れただけでも「ビリリリリ」と痛みが走ることもあるそうです。

私の場合は、疼くように痛みがありました。

痛みが強くびっくりすることも。「後頭神経痛」とは?

『昨日から後頭部が急にチクチク、ビリビリと痛くなってきて、我慢できないくらいなんです。私、くも膜下出血ではないでしょうか』と言われる方が多数おられます。診察中も『痛!痛!』と何度も顔をしかめています。

このような方はたいてい【後頭神経痛】と呼ばれる神経の痛みなのです。

出典 http://www.fukui-saiseikai.com

神経痛は、結構痛いです。その痛みは、内臓疾患だったりなにか大変な病でも隠れているのではないかと感じてしまうほど、痛いです。肋間神経痛も結構痛いです。何してもいたいし、これといった対処法は特にないというのが辛い点でしょうか。

特徴的な症状とは?

後頭神経痛は名前のとおり、後頭部の神経に沿った形で頭の表面や頭皮に痛みが現れます。
目の奥が痛い、耳の後ろあたりが痛い、髪をとかすと痛い、逆立っている髪を戻すときのような痛みがあるなど、痛み方には個人差があり、肩凝りや耳鳴り、急に頭を動かした時にふらっとするめまいなどの症状を伴うこともあるようです。

出典 http://xn--nsyv8ei6dc9k.jp.net

ビリビリとした痛みがあるのですが、痛む個所は人それぞれのようです。ただ、何もかもビリビリとした痛みが後頭神経痛とは限らないので、あまりに酷いときは病院に行くことをオススメします。

後頭部神経痛の原因とは?

緊張型頭痛、肩こり 、枕の高さが合わない、歯の病気(肩甲骨内縁から後頚部 の痛み)、前かがみの悪い姿勢(コンピュータ業務、美容師、看護師、エステシャン、料理人) ※一部引用

出典 http://www.ohori-pc.jp

サラリーマンなど、一日中オフィスワークをしている人は発症しやすいかもしれません。肩こりがあまりにもひどいときは、温めたりコリをほぐすことをしたほうがよさそうです。

対処法は「温めること」がいいそう♡

自宅で温かい蒸れタオルで圧痛点温める。

出典 http://www.ohori-pc.jp

タオルを濡らして少しだけ緩めに絞った後、電子レンジで1分チンすると蒸しタオルの完成です♡レンジから取り出すときは、非常に熱くなっているので要注意です!適度に冷やしつつ、蒸しタオルで痛い部分を温めることが唯一の対処法です。

ただ、そもそもの原因がストレスやハードワークの可能性もありますので、ゆっくり体を休めるとともに「リラックスすること」が一番の特効薬かもしれません。痛みがあるということは、体が危険信号を出しているサインです。

無理をせずに、体をしっかりと休めて元気になってから働きましょう!

この記事を書いたユーザー

Furou Break このユーザーの他の記事を見る

暮らしに役立つ記事を書くWebライターです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら