普通に見えるが、実はセクシー女優?

「女神新装 Epi.5」自身によるプレゼン

出典 Vine

彼女が出演している上海東方衛星テレビで放送されている「女神新装」シーズン2第5回目放送の一部です。この番組は、スターとファッションデザイナーが2人1組で5チームにわかれ、毎回決められたテーマで衣装をデザインし、ステージ演出までを手掛ける番組です。この番組で制作された衣装は、最高の価格で落札したバイヤーのブランドを通じて、視聴者に販売されるそうです。確かこの時のテーマは「ロック」?
只今、絶賛放送中♡

「宮-Love in Palace-」というドラマが一番有名かも?

宮 -Love in Palace-

出典 http://www.bs-j.co.jp

念のため右から2人目の女性がユン・ウネさんです。このドラマ、韓国ドラマファンなら知らない人はいないというほど有名です。もっとも「冬のソナタ」ほどではないにしろ、2006年と10年近く前の作品なのでどうでしょう?
2007年の「コーヒープリンス1号店」も、ファンの間では「宮」と並んで1,2を競う人気タイトルです。
個人的に2009年の「お嬢さまをお願い!」が、最高だと思っていますが…

「Baby V.O.X」というアイドルグループの過去が…

Baby V.O.X

出典 http://www.generasia.com

中央の女性がユン・ウネさんです♪

Yoon Eun Hye 윤은혜-Baby V.O.X [Reunion Performance] 2010

出典 YouTube

世の中「天は二物を与えず」とかは結構あてはまらなくて、むしろ天は与える人にはニ物三物と与えているようなきがします。
この動画はすでグループ脱退後のファンのためにTVで再結成した親睦会でのパフォーマンスのようです。
こちらのグループはメンバーの入れ替わりもかなりあり、波乱に満ちた活動だったようです。彼女はこのグループで1999年から2005年まで活動していたようです。

パク・シフ&ユン・ウネ主演「After Love」はどうなった?

出典 http://news.kstyle.com

映画「After Love」がクランクアップして、韓国・中国・日本で2015年下半期同時公開される。この記事が上がってから、全くその後の情報がありません。この映画に出演するにあたって、ファンの間でもちょっとした波紋がありいまだその影響はあるようですが…
それはそれとして、この映画を早く観たいものです。
この作品は夢を失った冷たい男性が、妻が亡くなって妻の深い愛に気づくというストーリーを描いたもののようです。

2016.04.17 編集
2016年5月14日より東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋での公開決定。

2016.06.27 編集
上映予定の5/14の2日前に、公開延期。公開予定日は今のところ未定。

女優ユン・ウネが映画監督?

女優ユン・ウネ、監督として「第20回釜山国際映画祭」へ

出典 http://www.wowkorea.jp

「ワイルドアングル」セクション短編ショーケースに演出作の「レッドアイ」が招待されたそうです。ちなみに「レッドアイ」って、トマトジュースとビールを1:1で割ったカクテルにもあるんだけれど、それに関係あり?
さて、どんな作品なんでしょうね。多分一般公開はないだろうから、釜山国際映画祭に行かなければ観れないね。

ユン・ウネ「今回は女優ではなく監督として挨拶します」

出典 YouTube

この動画「第20回釜山国際映画祭」のときのものではありません。今日(2015.09.17)時点では開催されていないので当然ですが。
実はこのインタビューは、「第17回釜山国際映画祭」のときのものです。
この時は『編物』という作品でした。そうこの映画祭参加は、2回目なんです!

2015.10.05 編集
釜山国際映画祭の訪問がキャンセルとなりました。

サマンサタバサの“韓国代表ミューズ”としても活躍

【サマンサタバサ2015 F / Wシーズン新しい画報公開】

出典 http://www.samanthakorea.com

2013年の10月からはサマンサタバサのモデルとしても活躍しています。
韓国と日本のサマンサタバサの品揃えがいっしょなのか、違うのかは知りません。興味のある方は調べてみてください。
確か日本のサマンサタバサのモデルは、Miranda Kerr?

お嬢さまをお願い!

Lady Castle Ep16 5/5 (English Subtitle)

出典 YouTube

最終話最後の12分07秒。しかも英語の字幕、これで感動するのはかなりハードルが高い。
ちょっとでも、興味を持った方はこちら経由で最終話を全部みてみたらいかがだろう。
こちらは日本語の字幕付き、それでも感動しない場合は合わないということでしょう。
最終話なんでいわゆるネタバレの可能性もありますが、それでもよかったらどうぞ。

ブログなどで他の方が自分の好きなタレントの記事をよく書いていますが、興味がない場合、私は全く見ません。
この記事も、ユン・ウネさんのファンの方はちょっと読むかもしれませんが、それ以外の方はまず期待できません。
でもなぜ書くのでしょう。私の場合は、ある種の備忘録?でも、やっぱり少しでもいいと共感してもらえる人を増やしたいから?

ちなみに私はたまたま休みの日にTVをつけたとき、再放送の「お嬢さまをお願い!」が放送されていた。途中からだったが、その最後の30分間ほどで完全にはまってしまった。
しかもその放送は、第16話(最終話)の最後の30分間だったのだ。

いわゆる、ひとめぼれだ♡

PS:ユン・ウネさんファンは、この記事内容は全部ご存じのことと思います m(__)m

この記事を書いたユーザー

hattoridayon このユーザーの他の記事を見る

静岡県出身、会社員。単身赴任ジジイ。世界遺産「富士山(三保松原)」・「熊野古道」・「釧路湿原」を愛す。好きな食べ物は、カレー・餃子・まぐろ刺身。腹囲5cm減を目指している

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス