子どもも大好きハンバーグ

子どもにも人気メニューの「ハンバーグ」。
もちろん大人も大好きな「ごちそう」なイメージもある愛されメニューですよね!

アレを加えるとふっくらに?!

家で作ると、肉汁が出過ぎ中がパサついてしまったり、固くなったりなんてこともありますよね…
この「ハンバーグ」に、以外な「アレ」を加えるだけで、ふっくらすると9月17日放送の「スッキリ(日本テレビ)」で紹介されたのでまとめてみました。

アレとは…

なんと、ハンバーグのタネにジャガイモを加えるとふっくらに仕上がるのです!
やり方は、2人分のハンバーグのタネに、ジャガイモ小1個をすりおろしたものを加えるだけです。あとはいつものハンバーグと同じように作ればOK!

でもどうしてジャガイモでハンバーグがふっくらするのでしょうか。

でんぷんと熱

ジャガイモをすりおろすと、でんぷんが沢山出ます。そのでんぷんが、ハンバーグのタネの中の水分と焼くときの熱でやわらかくねばり、ふっくらと仕上がるのです。

いかがでしたか?

大人も子どもも大好きな「ハンバーグ」。ふっくら美味しくできたら嬉しいですよね!
ぜひ今夜のメニューにジャガイモのすりおろし入りハンバーグを作ってみてはいかがですか?

こちらの記事もどうぞ!

この記事を書いたユーザー

Touko このユーザーの他の記事を見る

2人の娘を持つ母親です。プチプラな情報に敏感。しまむらなどのプチプラなお店が大好き。なのに元百貨店販売員(笑)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス