旦那さんの出張

先週1週間、旦那さんが海外出張のため留守でした。1週間3人の子どもたちの世話を1人でやることになります。正直いうと、少しワクワクしていたんです!3人のお世話はそれなりに大変だけど、時間に縛られることもなければ食事も手抜きオッケー!掃除や洗濯も少しくらいサボれちゃうかも♡なーんて考えていました。でも、予想外に旦那さんを求めた1週間となりました。。

休んでいられない、それが母親

というのも、旦那さんが出国した翌日から長男が風邪を引き、もともと気管が弱いため夜間は咳が止まらないという状態。初日から幼稚園をお休みし通院することに。この通院も3人連れては本当に大変なんですよね。。まず、待合室でじっとしていられない。おもちゃの取り合いが始まる。大声で叱ることもできない。。毎度のことですがようやく診察を終えて薬を受け取るときにはグッタリ。

さらにその翌日も息子は幼稚園を休み、私まで熱を出す始末。引きこもりでした。熱があろうが食欲なかろうが子どもたちのご飯は用意しなければいけないし、洗濯物も食器もたまるし、寝ていたくても「ママー!」「トイレー!」「お茶ー!」とまぁあれこれ注文の多いこと。座ってることもできません。

シングルマザーは大変

そこでふと思ったんですよね、シングルマザーって毎日こんなんなんだろうなって。更にお仕事もしてますよね。私、1週間とってもイライラして過ごしたんです。子どもに対しても優しくなれなくて、そんな自分にも悲しくなったくらいでした。

私の周りにも何人かシングルマザーの友人がいます。色々と悩んだ末、最終的に「この子にとってこの人(元旦那さん)は必要ない」と判断した結果離婚に至ったと言っていました。それでも、そうだとしてもきっとその後の生活は楽なものではなかったと思うのです。

シングルマザーだったお友達の中に最近再婚し、とても幸せな生活を送っている子がいます。そんな彼女を見て思ったのはやっぱり異性じゃないとダメなこと、たくさんあるなぁということ。友人として悩みを共有したり寂しい時や苦しいときにその気持ちに寄り添うことはできました。でも異性の温もりの方が傷を癒すことも多くあるんですよね。子どもがいることで恋することを諦めかけていた友人に、何度も誠実にアタックしてくれたその友人の旦那様には私も感謝しています。

日々成長する子ども

もしも自分の意思でシングルマザーになることがあったら何としても子どもをしっかりと育てたい。弱音も吐きたくない。と半ば意地にも似た気持ちで毎日を過ごすのではないかな…と思います。旦那さんが出張中の1週間の間に次男は言葉が増えました。「あーえもん(ドラえもん)」「ぷーん(スプーン)」「ってー(やって)」等。そして「ママー!」と叫びながら手招きしトイレに行くようになりました。毎日できることが増えて、毎日コントのような爆笑ネタを提供してくれる子ども達。そんな子ども達の成長や日常を日々共に喜び合える相手がいることの大きさ。その存在がなくなってしまうことが一番つらいんだろうなぁ…と考えた1週間でした。

あ!でも唯一食事だけは思いっきり手抜きできたんですけどね!笑

この記事を書いたユーザー

ひぃ このユーザーの他の記事を見る

5歳(男)、4歳(女)、1歳(男)の3人の子ども達の育児に奮闘中の主婦です!
母になって、日々思うこと、感じることを書き綴っていけたらいいなぁと思っています♡

権利侵害申告はこちら