民主党を中心とした野党が委員会を妨害

最後の質疑”民主党が“バリケード戦術” 日本の安全保障政策を大きく転換する安全保障関連法案の審議が最大の山場を迎えている。参議院の特別委員会では16日、安倍首相も出席して締めくくりの質疑を行う予定だが、民主党などは猛反発している。 締めくくりの質疑は行われる予定の16日午後6時前、委員会室の周りには大勢の民主党の議員らが集まり、委員会が開けないようにしようとしていた。 委員会に先立って理事会が始まったが、民主党や共産党は締めくくりの質疑に反対し、とりやめるよう求めている模様。また、大勢の議員が委員会室の周りに集まり、質疑が始まるのを阻止しようとしている。安倍首相はすでに委員会室で待機している。 与党側は何とか質疑を始めたい考えで、今後の民主党などの出方を見極めて、16日、17日中には採決に踏み切る構え。 これに対し、民主党などは党首会談を行い、与党が強行採決した場合、安倍首相ら閣僚の問責決議案や内閣不信任決議案などを提出し、あらゆる手段で成立を阻止することで一致した。 採決をにらみ与野党の攻防は緊迫感が高まっている。

出典 http://www.ytv.co.jp

これに賛辞を送っている方もいます。与党を非難している人も多くいます。
しかし、普通に考えて欲しい。いくら与党が強引に動いていても、それは法律に則ったものである。それに対して、一般民衆が国会の前で反対を挙げるのは政治に興味を持つ人がそれだけ増えたことであり、その主張がどうかは別として、いいことでもあると思う。
しかし、国民に選ばれた国会議員委員会室に入れないようにブロックしたり、入ろうとする人も揉みくちゃにするのはどう考えてもおかしい。まるで子供が買ってくれないとここから動かないと駄々をこねるているようだ…。

Twitterでの反応

反対派国会議員の行動への非難の声

他にも多くの同じような声があります。

議論すること、そして、より良い法案にすることそれが議員の仕事なはずなのですが…。

この行動への賛辞

仕事するのを妨げ本人も仕事をしていないわけですが…。
あくまでも国会議員の仕事は議会や委員会に国民の声を届けることであり、間違えても反対している法案を実力で止めることではありません。

法案には反対だけど…。

その他の声…

冷静に仕事をする野党もいます。

違憲の疑いが強い安保法案の強行採決を行ったとの批判を受けないためにも、野党の賛成を取り付けたい与党(自民、公明)は、憲法の枠内での修正を求める維新の党とは着地点を得られず、次世代、元気にする会、新党改革との国会関与を強化するという点での修正で着地を見つけ、16日、法案へ賛同する味方を得た。

出典 http://www.zaikei.co.jp

修正内容

 「弾薬の提供」は拳銃・小銃・機関銃などの他国部隊要員などの生命・身体を保護するために使用される弾薬の提供に限ること、核兵器・生物兵器・化学兵器など大量破壊兵器やクラスター弾、劣化ウラン弾の輸送は行わないことも合意事項に入れた。
 ただ、大量破壊兵器やクラスター弾、劣化ウラン弾が輸送依頼の「弾薬」物資に入っているのかどうか、実際検品しない限り、知らずに輸送する危険が生じている。米国との間でこれをどう担保するのか、単に輸送する物資の書類で終わらせては実効性が懸念される。第3者の目での担保策が必要だ。
 この日の自公と野党3党との合意内容では「防衛政策の基本方針を堅持し、他国に脅威を与えるような軍事大国にならない。平和安全法制の運用に国会が十全に関与し、国会の民主的統制としての機能を果たす」との基本認識の下で9項目にわたり、政府に法律施行にあたって万全を期すべきとした。
 主なものでは、存立危機事態の認定は武力攻撃を受けた国の要請か同意があること、重要影響事態では他国を支援する場合に当該他国の要請を前提にすること。
 存立危機事態に該当するが武力攻撃事態などに該当しない例外的な場合での防衛出動の国会承認は「例外なく事前承認を求めること」。PKO活動で駆けつけ警護をした場合は速やかに国会に報告する。
 平和安全法制において、自衛隊の活動について政府が国会承認を求める際、情報開示と丁寧な説明を行うこと。自衛隊の活動は180日ごとに国会に報告すること。
 平和安全法制に基づく自衛隊の活動継続中と活動終了後、常時監視および事後検証のため、適時適切に所管の委員会などで審査を行うこととしている。

出典 http://www.zaikei.co.jp

これが本来野党の仕事のはずです。


ちなみに各党の正式名称は「次世代の党」「日本を元気にする会」「新党改革」

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス