記事提供:Doctors Me

Doctors Me 編集部です。
「出産恐怖症」をご存知ですか?これは、出産に伴う痛みや、ごく稀ではありますが出産で引き起こされる死などに対して、強い恐怖心を抱いてしまう状態のこと。このような恐怖心が深刻な方では、子どもをもちたいと思っても妊娠や出産に二の足を踏んでしまこともあるとか。今回は、この出産恐怖症について、さらに詳しく見ていきたいと思います。

全妊婦の6%が患う!?

Licensed by gettyimages ®

出産恐怖症の発症率は一説によると全妊婦さんの6%程度とも言われていますが、初産婦さんで、軽度なものを含めるとおそらくもっともっと多いのではないかと思います。
出産は、「今まで経験したことのない強烈な痛み」を伴うと人から聞くことが多く、それが引き金となり、恐怖心が強くなってしまうこともあるでしょう。

≪まずは、自分の妊娠力を調べてみませんか?≫
1分で簡単チェック【妊娠しやすいカラダ度】を診断してみる

恐怖心を強める原因とは……

・妊娠に伴って分泌されるホルモンなどの影響による、精神状態や体の目まぐるしい変化

・自分とは違う生命体である赤ちゃんの存在を、週数が進むごとに感じるようになり、大きな喜びを感じるいっぽう、迫ってくる出産、それに伴う痛みなどへの恐怖
……など。

恐怖心との向き合い方

Licensed by gettyimages ®

出産に関する恐怖が、自分の中でコントロールできなくなってしまったときの対処法としておすすめは、心療内科などでカウンセリングを受けたり、無痛分娩を考慮すること。

自分の気持ちを人に聞いてもらったり、たとえ耐えられない痛みが襲ってきたとしても、それを和らげる治療がある、ということを知り、その方法を意識するだけでも気持ちは大分変わってくると思います。無痛分娩は欧米諸国ではごく普通のことですし、経験のある麻酔科医、産婦人科医のもとで行えば特に危険な出産法ではありません。たまに誤解されている方がいらっしゃるように、完全に眠ってしまうものでもなく、赤ちゃんとの対面も生まれた瞬間に通常通り行うことが出来ます。

医師からのアドバイス

赤ちゃんを迎えた後も、子育てはたくさんの幸せを運んでくれる一方、精神的にも体力的にも大変なものです。出産の痛みは一瞬、といいますが、現代の医療の力で苦痛をコントロールすることは決して悪いことではありません。ご自身でよくリサーチされ、納得のいく思い出に残るお産にしてくださいね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス