初夢に見ると縁起が良いといわれているのは、高いものづくしの「一富士、二鷹、三茄子」ですが、実はこれには続きがあったんです!!

一富士は、「不死」、「無事」という意味がありますが、4番目にくる扇は、富士の末広がりと繋がり、子孫や商売の繁栄を願っています。

二鷹は「高、貴」という意味があり、5番目にくる煙草は、上昇するものという繋がりで運気の上昇を意味しています。

三茄子は、事を「成す(なす)」という意味で、6番目にくる座頭は毛がない(ケガない)という意味で、家内安全を意味しています。

諸説ありますが、四以降の縁起物は「四扇(しおうぎ)、五煙草(ごたばこ)、六座頭(ろくざとう)」となります。

「初夢の縁起物」の由来についても諸説あり、徳川家ゆかりの地である駿河の国の名前を並べたもの、徳川家康が好んだものなどともいわれています。肝心の「初夢とはいつ見る夢のことか?」にもさまざまな説がありますが、正解は元日の夜から翌2日にかけてみる夢、つまり年明け最初の夜に見る夢というのが一般的な定義となっています。

この記事を書いたユーザー

kemumaki このユーザーの他の記事を見る

記事を読む少しの時間、読む人が元気、幸せになれるような記事が載せれたらと思っております!!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • おでかけ
  • グルメ
  • 暮らし
  • テレビ
  • 恋愛
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら