子どもの頃は、
風邪をひけば母親が布団や氷枕や栄養のあるごはんを用意してくれた。

しかし大人になった今、
一人暮らしをしている人も多いだろう。

たとえ体調を崩しても、
ごはんを用意してくれる人がいないというのが現状だ。

そんな時、
恋しくなるのはもちろん実家で食べるごはんなのだが、
そうもいかない時はせめて誰かが作ってくれたものを食べたくなるだろう。 

少し疲れた時、
自炊をする余裕がない時、私はお弁当屋さんに行くようにしている。

コンビニ弁当など、
コンビニで購入するものはどこか無機質に感じてしまうが
お弁当屋さんのお弁当はどこか手作り感を感じられる。

誰かが作った料理が恋しくなった時は
おすすめの方法である。


*****

ナオイ・メリィ。

この記事を書いたユーザー

ナオイ・メリィ。 このユーザーの他の記事を見る

▽▼▽ナオイ・メリィ。▽▼▽

閃光リトミックの歌のひと。
作詞作曲メロディメーカー兼、総合プロデューサー。

主にココロの痛みとか辛みとか、トラウマを歌ってます。
ライブでの様子はおかしいですが、精神的にはわりと正常。
でも、厨二病は今でもこじらせ気味。

いつまでも【アーティスト】でありたい。
赤い水玉とひつじとポムポムプリンが好き。

権利侵害申告はこちら