この扉には、遊び心が

宮沢ワールドは、難しい。
だけど絵本で読むと少し理解できる。

「注文の多い料理店」山猫亭は、注文した人が食べられるレストラン。
扉がいくつもあって、やれ裸になったり、やれバターを塗ったり、やれ香水をかけたり。

この扉の裏には、オオヤマネコの本心が隠されている。
なんと、扉のかんぬきの部分は、山猫の手になっていた。

この記事を書いたユーザー

のり このユーザーの他の記事を見る

ライフワークで、絵本のワンシーンを、布で表現しています。
小さい時に読んだ絵本など、リクエストお待ちします~

権利侵害申告はこちら