サラダを食べるときに何をかけますか?

ほとんどの人がカロリーを気にしてノンオイルドレッシングを使っていると思います。

しかし調べて見るとノンオイルドレッシングの落とし穴が見えてきました。

その1・油の変わりに糖分と塩分が多め

その2・油にもちゃんとした理由があります

ノンオイルドレッシングに弊害もあることをご存じでしょうか?

それはビタミンの吸収率を下げてしまうことです。

野菜や果物にはビタミンを含むものが多いですが、その中でもβカロテンやビタミンE等は脂溶性で油に溶ける性質をもっています。

βカロテンを多く含む野菜の代表としては人参、パセリ、ほうれん草、南瓜等、ビタミンEでは、モロヘイヤ、南瓜、赤ピーマン、ブロッコリー等があります。

これらの栄養素は油がないと吸収率が格段に悪くなります

出典 http://omotesandoichiba-den.com

油=体にあまり良くないイメージがあるけど、結構重要なんですね。

オリーブオイルドレッシングがおすすめ

オリーブオイルは、粉砕したオリーブを
攪拌機に入れて、オイルを抽出して作ります。
酸化しにくい、オレイン酸を多く含んでおり、

生活習慣病の元となる、悪玉コレステロールだけを
血液の中から、取り除く働きがある。
抗酸化作用により、血液をサラサラにして

動脈硬化や心臓疾患、高血圧を予防してくれる。
胃腸に膜を作って、胃腸の調子を整え、
便秘を解消し、血糖値を抑えてくれる。

肌に、適度な潤いを保たせて、
身体の内側から、肌の乾燥や
細菌から守ってくれる。

ポリフェノール等、抗酸化物質の働きによって、
内蔵や細胞の老化を、防止をしてくれる。
不飽和脂肪酸である、オレイン酸の働きにより、

満腹中枢を刺激するので、食事の前に摂取すると
食事量が減って、ダイエット効果がある。

出典 http://xn--59jtb317n5pap61gg67d.com

オリーブオイルは体に良いこと尽くし!
家でもドレッシングは簡単に作れるので、チャレンジしやすいですね

ノンオイルドレッシングだと野菜の栄養素がちゃんと吸収出来ない事がわかりましたね。
せっかく食べたのに吸収されないのは残念な話です。

ドレッシングの事をしっかり理解し、健康的な毎日を送りましょう。

この記事を書いたユーザー

Riiie このユーザーの他の記事を見る

田舎でのほほん子育て中

ナチュラルな生活に憧れて♥

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス