【探し絵本】と言っても種類はさまざまです。
読書の秋になりました。
どうせ、夜更かしをするなら・・・親子で一緒に楽しめる時間にしましょう!

ということで、ここから本題です!

探し物の絵本・・・真っ先に思い浮かぶのは、やはり【ミッケ!】シリーズですね。アラフォーよりも上の世代ですと、【ウォーリーをさがせ!】でしょうか。


では、主だった探し物絵本をご紹介してまいりましょう!

ミッケ!シリーズ

もはや探し絵本の代表格ですね!ミッケ!とは・・・もともとは、アメリカ生まれの絵本なんです。日本語訳をしているのは、コピーライター/エッセイストをされている糸井重里さんです。一番最初に発売されたのは、1992年の8月でした。

ミッケ!シリーズは、全8巻。チャレンジミッケ!は、全9巻。ちっちゃなミッケ!シリーズは、全7巻出版されています。

出典 http://www.amazon.co.jp

ミッケ!シリーズの第8弾です。

出典 http://www.amazon.co.jp

チャレンジミッケ!の第1弾です。

出典 http://www.7netshopping.jp

ちっちゃなミッケ!シリーズでは新しい方です。この中には、本編のミッケ!シリーズにも出てくるうさぎもいます。

これも、ミッケ!シリーズです

出典 http://www.amazon.co.jp

この本には、シリーズに出てくる"シーモア"というキャラクターをさがすものです。本編のミッケ!はちょっと難しい小さなお子様向けです。

続いては、探し物絵本の草分け的絵本!の紹介です。

ウォーリーをさがせ!

日本に一番最初にやってきたのが、この【ウォーリーをさがせ!】ではないでしょうか。販売開始は1987年です。イギリス人のイラストレーターがイギリスで出版し同じ年に日本にもやってきたというわけです。

出典 http://www.amazon.co.jp

新しいシリーズの第1弾です。発行は2000年の12月です。

ウサコレフレンズ

もともとは、おかしやグッズのキャラクターだったウレコレフレンズが絵本になったのは、2002年の10月です。

出典 http://www.amazon.co.jp

こちらが、シリーズの一番最初のものです。

どこどこ?セブン

探し物だけど、このシリーズは間違い探しをする本です。第1弾は2003年の4月に発売されています。

出典 http://www.ehonnavi.net

一番最初のです。

出典 http://www.7netshopping.jp

こちらは、第7弾の「いろんなくに」です。

どこどこ?セブンの特徴は、この表紙が凝って作られてるところではないでしょうか。

出典 http://www.amazon.co.jp

ピンクの表紙が印象的ですね。女の子の世界が広がってます。

出典 http://www.amazon.co.jp

水色の表紙が男の子らしいですね。表紙にもある、野球のボールやロボットが男の子にはたまらないですね。

ここからは、小さなお子さま向けのキャラクターを探すシリーズをご紹介してまいります!どんなキャラクターかな?

アンパンマンをさがせ

幼稚園児向けと言われていますが、アンパンマンなら2歳ぐらいからでも楽しめると思います。

ディズニーの探し絵本

出典 http://www.ehonnavi.net

ミッキーと一緒にいろんなものをさがします。

出典 http://www.ehonnavi.net

映画、アナ雪の世界で探し物をする絵本です。

ポケモンをさがせ!シリーズ

未だ人気が衰えないポケモン。ポケモンをさがす探し絵本です。

出典 http://www.ehonnavi.net

第1弾です

出典 http://www.amazon.co.jp

現在のシリーズのひとつ前のシリーズのものになります。

まだまだ、ありますよ!

これは、ポイント!

探し物絵本は、会話が弾みますし・・・親子で競ったりしてコミュニケーションをとるのに一役買ってくれます。

大切なのは・・・

探し物も、別に全部わからなくても大丈夫です!
大切なのは、とにかく親子で楽しむ!
そして、物事に集中する。それだけです!

小さなお子さんの知育にも

あと、小さなお子さまなら言葉を覚えたり数を覚えたり
知育にもつながります!

いかがですか?

読書の秋ともいいます。今年の秋、そして秋の夜長に

ぜひ、親子で探し物絵本を読んでみては・・・・・

この記事を書いたユーザー

空☆花 このユーザーの他の記事を見る

年頃の娘2人を持つ母親です。出産する前までは旅行会社で勤務をしておりました。常日頃から情報に関してアンテナを張っています。得意な分野は旅行・グルメ・100均の雑貨です。少しでもみなさまの役に立つ情報を発信できればと思っております。

得意ジャンル
  • 国内旅行
  • グルメ
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス