猛暑も去り、すっかり秋の空ですね。
外の気温、湿度も下がり体で秋を感じるようになりました。

実は、体が秋を感じる前にお肌は秋を先取りしているそうなんです。
季節の変わり目に肌トラブルを起こしやすい方は夏のお手入れのまま秋に入っているかもしれません。
肌トラブルを大きくしない為の秋冬のお手入れの注意を記載してみます。


①乳液、クリームを使用していない。
近年オールインワンの様な全てが入ったスキンケアも発売しておりますが、基本は化粧水+乳液、できるだけクリームを塗布してあげる事でお肌は健康で強い肌を作ります。
食べ物に例えると、化粧水はお米、乳液はお味噌汁、クリームはおかずの役割を果たします。夏は暑く、さっぱりしたものを食べたくなったり、食欲が落ちますがスキンケアも同じです。夏場、乳液、クリームを使用していなかった方、今も使用していない方はお肌が栄養不足!今からでも遅くありません!お肌にたっぷり栄養入れてあげて下さいね!


②毎日シャワー
仕事が忙しかったり、一人しかお風呂に入らない場合などシャワーで済ませてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?
お風呂は湿度も高く、暖かいので美肌の宝庫です。
立っているだけではもったいない!
体をお湯に浸かって足の指先から手の指先まで温める事で代謝が良くなりそれだけで美肌効果がアップします。それに、ダイエット効果もあります!毛穴も開きやすくなりますので、毛穴に詰まった皮脂の汚れも浮いてきます。そして、リラックス効果も。
疲れていて面倒だな〜と思っても、お湯に浸かると疲れと汚れが取れ、良い事が沢山ありますよ!


③外に出るときはお肌にも防寒着を
私、ファンデーションはつけません!という方は要注意です!素肌は裸でいるのと同じ状態です。外はまだ紫外線も強く、秋の風になっています。
秋冬向きの保湿ファンデーションでお肌も衣替えをしてあげましょう。

*下地クリームは肌着の役割をします。色付きや保湿カバー力など様々な下地クリームがありますが、ファンデーションの仕上がりと持ちに差が出ますので必ず付けてください。

*ファンデーションは主に2種類、セーターや長袖シャツと同じ役割をしています。
リキッドタイプ、パウダータイプ2種類使う事で、保湿、保温効果は上がります。
カバー力、きめ細かさも高くなります。


④体の中から美しく食事は美と健康を司ります。
健康な肌は睡眠と食べ物で作られます。どんなに高価なスキンケアや美顔器を使用しても、即効性はありますが肌表面にしか効きません。健康な細胞でお肌がいっぱいになれば、もっともっとお手入れも楽になりますよ。

*朝昼晩きちんと食べる。
*肉、果物、緑黄色野菜の摂取を心がける。
*旬の物を摂取する。
*油物と野菜は一緒に摂取する。
*バランスの取れた食事をする。

体は素直で、嫌いな食べ物の効果をそのままお肌に出します。
バナナが嫌い、レタスが嫌い、ヨーグルトもあまり食べない。
その方は二キビが出やすく治りにくい方でした。逆を言えば、バナナやレタス、ヨーグルトは食物繊維が豊富だったり腸の調子を整えます。二キビ予防にも効果の高い食材です。食品の効果はゆっくりではありますが、身体の中から細胞を強くさせ、お安い食材。嫌いな食べ物を味方に付けてみると、簡単に肌トラブルが改善されるかもしれませんよ。


本当に小さな事ですが、毎日の積み重ねと継続が美しくなる秘訣です。
基本的な事がお肌の一番の柱となります。上記にがきちんとできていると多少の事ではお肌トラブルが出にくくなりますよ。
さあ、あなたも今日からお肌の秋支度実行してみて下さいね!

この記事を書いたユーザー

decomontresor このユーザーの他の記事を見る

仙台市内の専門学校でヘアメイクを学び、大手国産化粧品メーカーに9年務める。
商品を学ぶだけでなく、お客様に合わせた化粧品の活用法や経営、マーケティングも学びました。子育ての為退社。
スワロフスキーアクセサリーとの出会いから、子育ての合間にJPBAクリスタルデコレーション認定講師を取得。
10年以上のマーケティング、接客スキル、11年の美容キャリアを生かし自宅でクリスタルデコ、スワロデコ、ビューティーアップサロンを開設。講師として活動。

得意ジャンル
  • 育児
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら