御名を畏れ敬うことができるように、一筋の心を私にお与えください。詩編86:11
 死者の中から復活された、
イエス・キリストのことを思い起こしなさい。Ⅱテモテ2:8...
      (ローズンゲン日々の聖句9/12;土)
 一筋に、あの方に向かう心を与えていただけるのだそうですね。この詩人がうたっているように。
「主よ。私の祈りを耳に入れ、私の願いの声を心に留めてください。私は苦難の日にあなたに呼び求めます。あなたが答えてくださるからです。主よ。神々のうちであなたに並ぶ者はなく、あなたのみわざに比ぶべきものはありません。主よ。あなたが造られたすべての国々はあなたの御前に来て、伏し拝み、あなたの御名をあがめましょう。まことに、あなたは大いなる方、奇しいわざを行われる方です。あなただけが神です。主を。あなたの道を私に教えてください。私はあなたの真理のうちを歩みます。私の心を一つにしてください。御名を恐れるように。
わが神、主よ。私は心を尽くしてあなたに感謝し、とこしえまでも、あなたの御名をあがめましょう。それは、あなたの恵みが私に対して大きく、あなたが私のたましいを、よみの深みから救い出してくださったからです。神よ、高ぶる者どもは私に逆らって立ち、横暴な者の群れは私のいのちを求めます。彼らは、あなたを自分の前に置いていません。しかし主よ。あなたは、憐れみ深く、情け深い神。怒るのにおそく、恵みとまことに富んでおられます。
私に御顔を向け、私を憐れんでください。あなたのしもべに御力を与え、あなたのはしための子をお救いください。私に、いつくしみのしるしを行ってください。そうすれば、私を憎む者らは見て、恥を受けるでしょう。まことに主よ。あなたは私の助け、私を慰めてくださいます」と。(詩編86:6~17新改訳)
 天の神、主が、使徒パウロをとおして言われるように、私たちの内に来て下さる「聖である霊」と呼ばれる方によって、私たちも、日常生活のこと、何を食べるか、何を飲むか、これをどうしようか、そういったことの一つひとつを、ダビデの子孫として生まれ、使者の中からよみがえった方(Ⅱテモテ2:8)、イエス・キリストに持っていき、知っていただき、見ていただきながら、今日を歩ませてくださるのだそうですね(ルカ12:22~32)。
 私たちの主イエス・キリストと、私たちの父なる神、すなわち、私たちを愛し、恵みによって永遠の慰めとすばらしい望みを与えて下さった方ご自身が、あらゆる良いわざとことばに進むよう、私たちの心を慰め、強めてくださいますように(Ⅱテサロニケ16~17)。今日も。
イメージ 1



[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]



<a href="http://www.blogmura.com/point/00697809.html"><imgsrc="http://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>



[269RANKのランキングサイト]



"哲学・思想 ブログランキングへ"

この記事を書いたユーザー

佐知男 このユーザーの他の記事を見る

愛媛県久万高原町の産。仏教大学(社会福祉)、JTJ宣教神学校卒。キリスト教プロテスタントの教会員。

権利侵害申告はこちら