Licensed by gettyimages ®

※写真はイメージです。

シリアなどの中東から欧州を目指す難民問題を抱えているヨーロッパ。フランスやイギリスなどが受け入れに消極的な中、ドイツが受け入れ姿勢を見せたことで、多くの難民がドイツに押し寄せています。

そんな中、戦火を逃れてきた難民の家族に対して暴力を働いたハンガリーの女性カメラマンが、世界中から非難を浴びています。

映像では、自分の脇を走り抜けた子供を蹴りあげたり、警察の追跡を逃れて子どもを抱えて走る男性の足をすくって転ばせている様子が映し出されています。

出典 YouTube

ドイツ人記者のStephan Richter(ステファン・リヒター)氏が自身のTwitterに投稿したことで、瞬く間にSNSを通して世界中に拡散され、程なくしてこの女性カメラマンはハンガリーの放送局「N1 TV」のカメラマン、Petra Laszlo(ペトラ・ラズロ)氏と判明しました。

こちらがそのツイート。

心身ともに疲れきっているであろう難民に対する非道な行動は、「とても受け入れられない行動だった」として、「N1 TV」は既にラズロ氏を解雇しているようです。

ラズロ氏が何故このような行動を取ったのかは、本人が以前沈黙を続けているため分かりませんが、この行動には世界中からも怒りの声が多数挙がっています。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら