2015年9月10日、9月11日の両日、栃木県、茨城県、宮城県の各県に大雨特別警報が発令されました。

気象庁の特別警報は2012年7月の九州北部豪雨以来。
関東地方でははじめての発令でした。

鬼怒川、渋井川と河川の氾濫・洪水があいつぎ、2015年9月11日20:20現在、約15000人の方が避難を余儀なくされています。

避難の判断は自治体の発表を確認する

 避難指示、避難勧告、避難準備情報と危険度の段階があります。
ご高齢の方や、小さなお子さんがいるご家庭は避難準備情報の段階で「万一」に備えて準備しましょう。

各自治体の指示にしたがい避難します。
ハザードマップを確認し、安全を確保しながら避難所に。

今回のような災害は、取り残されてしまったとしても無理に外に出るのは危険です。
自動車での避難は、車が水没した場合に車外に出ることがかなわず、溺れてしまうこともあります。

長靴も水が入ってしまうと動けなくなり危険です。

2階以上の丈夫な建物の上に避難して、消防や警察の救助を待つ「縦避難」も、ときに必要な方法です。

救助を待つ間、自宅で過ごすとき

 断水、停電など、日常生活に困ることもたくさんあることと思います。それぞれもケースで少しでも役に立つサイトをまとめます。

1.断水のときに役に立つこと

2.停電のときに役に立つこと

警視庁の災害対策課が考案した「ツナ缶ランプ」で灯りを

 2年ほど前の警視庁警備部災害対策本部がTwitterに投稿した「身近なモノ活用術」のツナ缶ランプは穴をあけて火を灯すだけで作れるすぐれものです。

最後に

 今回、大きな被害に遭われた方々に、心からお見舞い申し上げます。

「少しでもお役に立ちたい」
「できることを精一杯させていただきたい」

そう願ってやみません。

この記事を書いたユーザー

空条れいれい このユーザーの他の記事を見る

「おもしろい」「笑える」「泣ける」「感動する」情報を集めています。
ネットのあちこちに出没しています。アラサー、一男一女の母。

得意ジャンル
  • 動物
  • おでかけ
  • グルメ
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス