金魚の祖先は赤く変異したフナ、ヒブナです。今から1500年前に中国で発見され、これを原種として色々な金魚が生まれました。日本では室町時代末期に伝わり、一度は途絶えた金魚は江戸時代になり再び中国から輸入され養殖も盛んになりました。現在は様々な品種が誕生しています。

金魚の主な体型

様々な品種がある金魚ですが基本となる体型があり名称がついています。

出典著者画

体色は便宜上、赤にしています。珍珠鱗(ちんしゅりん)は一般にはピンポンパールとして売られています。ウロコが真珠を半分にしたような形であるためこの名がつきました。
オランダ型とランチュウ型は頭や顔の回りに肉瘤(にくこぶ、にくりゅう)があります。

主な尾ひれの型と体色

尾ひれにも様々な型があり名称がついています。

体色にも名称があります。

出典著者画

尾ひれの型は基本はこれですがショートテールだったりロングテールだったり様々です。

フナ尾は和金に多く蝶尾は蝶尾という品種(出目金に似ている)の金魚が持つ尾ひれ。
孔雀尾は地金(じきん)という品種が持ち、反り尾は土佐金(とさきん)という品種が持っています。和金にリュウキンやオランダ、ランチュウ型の金魚は三尾、四尾,桜尾があり、吹流し尾は、シュブンキン、コメットが持っています。


体色もその他に銀色系やレモン色、茶色などもあります。

金魚の遺伝子情報量は人の4倍?!

魚は膨大な遺伝子情報を持つと言われており、あらゆる環境にも適応できる能力を備えているそうです。もともと遺伝子情報が膨大な魚の金魚、しかし人工の魚である金魚は日々新たな交配をされより複雑でより多くの遺伝子情報を持つ事になりました。ですから突然変異を起こしやすく、これを利用して新たな品種が続々と生み出されているのです。

金魚は3歳くらいで体型がはっきりとします。それぞれの品種の体型になっていくわけです。しかし、遺伝子が不安定な個体も多く3歳までに体型がどんどん変化していくものが現れます。

購入時はピンポンパール、一年後には・・・・

ペットショップで購入時は体長2センチ位のピンポンパールでしたが・・・

出典著者撮影

3ヶ月過ぎた頃、頭に肉瘤(にくこぶ、にくりゅう)が出来始め、高頭パール(頭に肉瘤があるピンポンパールの品種)になってきました。そしてさらに一年たち・・・

出典著者撮影

普通のピンポンパールはショートテールなのですが各ヒレが長くなり尾ひれは更にロングに。

出典著者撮影

浜錦(はまにしき)という品種になりました。

三尾が四尾になったりその逆もあり、時には桜尾になってみたり、尾の変化も激しいのです。この程度の変化ならよくあること。

購入時は立派なキャリコリュウキン、3年後には・・・

出典 YouTube

はじめの方に、右側にキャリコリュウキンが出てきます。この頃鼻の頭からオデコにかけ肉瘤が出来始め、体型も少し丸くなりました。25秒辺りで全身像が出てきます。


出典 YouTube

写りが悪いので分かりにくいですが体型がリュウキン型からオランダ型に変化しました。
3年かけてキャリコリュウキンから東錦(あずまにしき)という品種に変化しました。

水槽の大きさで自ら成長をコントロールする?

よくニュースで巨大金魚発見とかありますが、金魚は環境によって成魚の大きさが変化します。

動画の水槽は90センチ水量は160リットル位だったか、みんな巨大ですが、初めは10リットル水槽で4ヶ月飼育、そこそこの大きさになってましたがドカドカと大きくはなりませんでした。しかし90センチ水槽に移してからは8ヶ月も立たないうちに2Lサイズの鶏の卵よりも大きくなりました。(汗)

同じ1歳です

出典著者撮影

はじめの動画と同じ1歳です。10リットル水槽なので成長がゆるやかです。

どちらもオランダシシガシラです。

金魚には胃袋がない

胃袋がなく腸で消化吸収するためいつまでも満腹感を味わえない、満腹中枢がないと言われるゆえんです。飼育時は金魚が食べ過ぎにならないよう注意が必要ですね。

金魚にも歯はある

金魚には喉の奥に咽頭歯という歯がありしっかり噛んでいるようです。

出典著者撮影

左が金魚の咽頭歯 右はお米です。

出典著者撮影

咽頭歯(画像)の持ち主
ランチュウ6歳 体長11センチ

とても小さい歯ですね。

その他の生態

金魚の視力は?
良くないという人もいますが、ちゃんと目で確認し一直線に飛びついてきます。
しかし、出目金は照準が合わせづらいようで普通の金魚に比べ餌を食べるのが下手です。

泳ぎ
自然界の魚はバックできず直進のみが多いようです。金魚はうまく胸鰭(むなびれ)を使ってバックで泳ぐことができます。

性格も色々
たくさん飼っているとそれぞれが違った性格を見せてくれます。好奇心旺盛な子、臆病な子、人懐っこい子、そっけない子・・・色々です。




おまけ

出典著者撮影

ピンポンパールです。

出典著者撮影

ランチュウ(真ん中) 水泡眼(両端)

動画の中の金魚の種類、全部分かる人はいるでしょうか?

金魚飼育は奥が深いです。
小さな命ですが正しく飼育すると長生きし(5年から十数年)、人になつくのでとてもかわいい魚です。

金ちゃん裏話もどうぞ

ブログネタ:5月の楽しかった思い出【プレゼント付きブログネタ】
参加中
本文はここから
えーとぉ
5月に楽しかったこと・・・・

この記事を書いたユーザー

平原さあ子 このユーザーの他の記事を見る

1児の主婦。アニメ大好き、潜伏中のイラストレーター。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス