みなさんのお宅ではパパの存在や立ち位置はどうなっていますか?子どもはパパのことをどう思っていますか?

子連れママ会ではたいてい旦那さんの話で盛り上がります。それも褒めるような話ではなく、愚痴や批判が多いんですね。気持ちは分からなくもないけれど、子どもがいる場ではやはりパパの悪口は言うものではないなと思います。

パパの存在を大事に

我が家では「パパは一番偉くて優しくて正しい人」です。子どもたちにとってパパは「大好きな存在」であり続けてほしいと心から思っています!だから叱るのは毎日一番長く一緒にいる私の役目。ママは怒るけどパパは優しい。子どもがそう思ってくれたらいいなぁと思っています。

そしてママの日々の声かけや態度、ママ友との会話の内容すらも重要になってきます。子どもって大人の会話を本当によく聞いているし、態度の変化にも敏感ですからね!なのでパパがいない日中も「パパはみんなのためにお仕事を頑張ってくれているんだよ」「パパは偉いね優しいね」「ママはパパのことが大好きなんだよ」と大袈裟に褒めちぎっています。笑

パパとママで同時には叱らない

では、うちではパパが叱ることはないかって?いえいえ、もちろんありますよ!まず、我が家ではパパもママも必ず叱るポイントが3つあります。「暴力(叩く、蹴る、ものを投げる)をしたとき」「ケガや事故に繋がりかねない危険なことをしたとき」「食べもので遊んだり食事のマナーが悪かったとき」です。

これは発見したらすぐに叱るのですが「パパとママ2人で同時に叱らない」というのは気をつけています。パパが先に「こら!」となったら私は黙って見ています。子どもがすぐに謝れないときには「なんて言うの?」と助け舟を出す役にまわります。そして後から「あれはパパもママも叱ることだってわかるよね?パパはあなたのことが大好きだし本当は叱るの好きじゃないんだよ。だからもうあれはしないでね」と話します。

一方、私が叱っているときにはパパはただ見ています。そして「ごめんなさい」が出たら「もうわかったよね」と抱き上げる役にまわってもらいます。

パパは切り札

さらに我が家ではパパは切り札として使わせてもらうことが多いです。私がいつものように怒鳴り散らしても全く聞かないとき、落ち着かないときは「もうママの言うことは聞けないんだね、じゃあ次はパパに言ってもらえばいいかな?」と子どもに向かって言います。たいていはこの一言で静まりますしこの言葉を聞くとパパもスタンバイしてくれます。笑

しかし、それでも落ち着かないときにはいよいよパパの登場です。うちのパパはこういう場面では決まってこう言います。「ママは何て言った?さっきからママは何回注意してる?ちゃんとママの言うことを聞きなさい!」です。「ママが怒るからやめなさい」とか「どうして悪い子なんだ」とか自分は怒っていないけどママが怒るから叱るとか本人そのものを否定するような叱り方はしません。

いつだってママが叱るところはパパも叱るところであって、それをきちんと共有しあうことも大事ですよね。ただ、私がカッとなってガミガミ言いすぎてるときなんかは「ほらほら、ママが大きい声たくさん出して疲れちゃうから早くやっちゃおう」等、ママを心配しているスタンスで子どもとママにも助け舟を出してもらったりもしています。笑

普段叱らない人が叱ると怖いですよね、切り札であるパパの言うことは1回で聞いてくれます。切り札なので乱用しないことが大切です。笑

パパの一番好きな人、それはママ

でもやっぱり一番大事な「パパの役割」は育児に積極的に参加すること、そしてママのことを誰よりも大事にして愛するということだと思います!子どもはママが大好き!そのママを誰よりも大事にするパパのことを嫌いになるはずがないからです。ママだって毎日怒りたくて怒っているわけではありません。それを一番理解してもらいたい人に「そんなに怒らなくてもいいじゃないか」と思われたら悲しくなりますよね、孤独を感じますよね、自分の育児に自信がもてなくなりますよね。

「パパはママのことが大好きだから、ママが困ったり悲しい思いをするのは許せない。」(ここまでは思ってないと思いますが笑)そんな気持ちを持ちながら子どもに関わってくれたら、自然と子どもにとってもママにとってもパパは大好きな存在になります!

自分の愛する大好きな人が悩んでたら、疲れていたら、泣いていたら、どんなことをしてでも助けたい、力になりたいと思いますよね?夫婦間でその気持ちを大事にできたらパパは自然とイクメンになるし、ママは毎日明るい育児ができると思います!

この記事を書いたユーザー

ひぃ このユーザーの他の記事を見る

5歳(男)、4歳(女)、1歳(男)の3人の子ども達の育児に奮闘中の主婦です!
母になって、日々思うこと、感じることを書き綴っていけたらいいなぁと思っています♡

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス