【1】便利なスマホには、危険がいっぱい

スマホ(スマートフォン)は、とても便利だ。電話は勿論、動画・音楽・マンガ・ゲームを楽しむ事も出来る。写真や動画を撮影し、それをネットにアップする事も簡単。家電の遠隔操作や買い物なども…と挙げていけばキリが無い。

しかし、便利・高機能という事は、裏を返せば「一度乗っ取られてしまえば、致命的なダメージを負いかねない」という危険性が潜んでいる…という事だ。可能性としては様々なものが考えられるが、特に注意しなければいけないのは、ウィルスやマルウェアなどの「悪意のあるソフト・プログラム」だろう。

こういった「悪意のあるソフト」の話は、ネットが存在する前・パソコン黎明期からあった。現在はネットが普及しており、種類や被害も爆発的に増えている。
その中でも、今回取り上げるモノは、スマホの便利さを逆手に取った、かなり悪質な部類だ。




【2】身代金を要求するアプリ

アダルト動画を見ようとすると持ち主の写真を撮影し、「500ドルを払わなければ写真を拡散する」などと脅迫する悪質なAndroid用ポルノアプリ「Adult Player」が出回っています。

出典 http://nlab.itmedia.co.jp

「ねとらぼ」さんからの引用。この記事で紹介されているアプリは、「Adult Player」という名前のアプリ。Androidのものだ。

一見すると、アダルト動画を見る為のアプリに思えるのだが、実はユーザーを脅迫するという怖いアプリだ。ちなみに、要求される金額は、1ドル120円換算で6万円。「払えない金額ではない」という所が、これまた悪質である。(※強調朱は筆者によるもの。以下同)

フロントカメラを利用してアダルト動画を見ようとしている瞬間の持ち主の写真を撮影。「500ドル支払わなければこの写真を拡散する」「スマートフォン内のデータを削除する」などの脅迫文を表示し、支払い画面をロックしてそれ以外の操作ができないようにしてしまいます。

出典 http://nlab.itmedia.co.jp

この手口は「ランサムウェア」と呼ばれるもの。別名「身代金要求型ウィルス」「脅迫型マルウェア」。ユーザーの嫌がる行為を止めて欲しければ、カネを払え…と脅すものだ。しかし、金を払ったところで、被害が出なくなるという保証は無い。

上記マルウェアの場合は、機器内データの破壊だけではなく、「ユーザーの顔写真をバラ撒き、名誉を毀損する」と脅すところが極悪だ。
現在、殆どのスマホにはカメラが内蔵されており、何時でも何処でも撮影できるという便利さがある。それが仇になったワケだ。




【3】感染したら、どうすれば良いか?

再起動してもロックが解除されない悪質な仕様ですが、セーフモードから起動することでアンインストールが可能とのこと。「設定」→「セキュリティ」→「デバイス管理者」でAdult Playerを無効に設定し、「設定」→「アプリケーション」→「アンインストールの設定」からアンインストールが可能になります。

出典 http://nlab.itmedia.co.jp

「ねとらぼ」さんからの引用。セーフモードから起動することで、何とか削除できるそうだ。簡単に削除できない仕様になっている。そこがまた悪質だ。

ただし、Zscaler Researchは身代金を支払わずに済む回避策を発見済み。端末をセーフモードで起動して、「設定」→「セキュリティ」→「デバイス管理者」からAdult Playerを無効にし、「設定→アプリ」からアンインストールできるとのことです。セーフモードの起動方法は、Nexusだと端末の電源をつけたまま電源ボタンを押し続け、ダイアログボックスの「電源を切る」を押し続けます。するとさらに表示されるダイアログで、「OK」をタップすればセーフモードで起動できます。Xperiaも同じような手順ですが、セーフモードの起動方法は端末によって異なります。

出典 http://gigazine.net

こちらは「Gigazine」さんからの引用。更に詳細な方法が紹介されている。機器ごとで削除方法が若干違う様子なので、注意して欲しい。
ちなみに「Zscaler」とは、アメリカのセキュリティサービス会社だ。

この様に、今のところは削除が可能という話だ。しかし、何よりも大事なのは、「怪しいアプリには近付かない」という事だ。これは「ねとらぼ」さんと「Gigazine」さんの両方が言っている事である。

正規のアプリ提供元であるところの「GooglePlay」以外で手に入るアプリは、できるだけ避けた方が無難。特に「提供元不明のアプリ」は危ないと考えた方が良い。



【4】終わりに

今回は、Androidでの話だ。しかし、今後はどうなるか分からない。「自分の持っている物はAndroidじゃないから安心だ」と思って油断していると、かなり危険だ。

他OSでも、スマホ以外の情報処理機器でも、アダルト以外のカテゴリでも、似た様な極悪アプリが出てくる可能性はある。
「明日は我が身」と思って、常に用心する事が大事だと思う。セキュリティソフトのこまめな更新など、対策を取っておきたい。




↓↓他、オススメ記事↓↓

この記事を書いたユーザー

マカラン このユーザーの他の記事を見る

関西在住のライター。
時事ネタから都市伝説まで、宇宙ネタから節約術まで、詐欺・ブラック企業ネタから珍言まで…。
幅広い話題を、楽しくお伝えしたいと思います。
(なお、画像は全てイメージです。念の為)

Twitterやってます。フォロー御願いします!
アカウント @d_makaran

アメブロも随時更新中! 見てやって下さい。
他の話題は勿論、記事を読む際の注意事項等もアリ。
http://ameblo.jp/makaran999/

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス