その昔、イギリスは食べ物が不味かった。在英歴21年の筆者はイギリスの食文化の変化を身を持って知ってきた。20年前と比べると、今のイギリスは本当に食べ物が美味しくなった。そしてグルメなイギリス国民も増えた。

それなのにーなぜ、大手スーパーでこんな変な組み合わせの食品を売るのだろうか。今回、あまりにも衝撃的なカップリングでさすがのイギリス国民も「なぜ!?」「無理に決まってるだろ」の声が続出。いったいどんな食品なのかー?

大手スーパー「セインズベリーズ」が自信を持ってお届け!?

出典 http://mashable.com

斬新な味として新発売されたレディーミール(電子レンジやオーブンで簡単調理するだけのインスタント食品)の一つがこちら。看板でもしっかり宣伝。だが、「スパゲティボロネーズにインスタントコーヒーをかけるだけ」何だって!?の世界だ。

「全く新しい味がお楽しみ頂けます」ということだが…

出典 http://mashable.com

インスタントコーヒーを飲みながら、スパゲティボロネーズを食べる人はいるだろう。しかし誰がコーヒーに浸されたボロネーズを食べたいと思うのだろうか。この発想をした人がスゴイ。そしてその発案が通って商品化されたことが更にスゴイ!!

店内でも派手に宣伝

出典 http://mashable.com

「あなたのお好みの味キャンペーン」というタイトルがあるが…キャンペーンにしても実際に発売されているのだ。誰が買うのだろう。こういうのを無駄と言わないのだろうか。ツイッターでも既に拡散されているようだ。

「無理に決まってる」「何か間違ってるでしょ!」「誰がいったい考えたの!?」「ゲーッ!」という否定的なコメントばかりで、今のところ「トライしてみたい」という反応はない。

コーヒーだけじゃなく他にもこんなものが…

出典 http://mashable.com

出典 http://mashable.com

チリコンカーン(メキシコのスパイシーなビーンズ料理)にチョコを足して、という宣伝もある。これはまだ受け入れられそうだ。カレーにビターチョコを入れる人がいるからだ。そしてラザニアにチョリソソーセージも合いそうだ。

他はまぁまぁ食べられそうなのに、なぜボロネーズだけインスタントコーヒー!?スーパー側は「Little Twist(ちょっとした捻り)」と謳ってこのキャンペーンを行っているが、いや、ボロネーズにコーヒーはちょっとどころの捻ったアイデアではないだろう。

大手スーパーのセインズベリーズなだけに、こんなキャンペーンをするとたちまち拡散するだろう。そして海外では「イギリス人は味覚がないのか」と思われてしまうのだ。せっかく食文化が良くなってきたというのに、これはないだろ…とちょっと悲しくなってしまう筆者だ。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • 美容、健康
  • カルチャー
  • ファッション
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら