なかなか治りにくい夏風邪。主な症状は下痢や高熱、身体の節々の痛み、咳などです。
寒い冬でなく夏だからこそ冷房や、湿気の多さが過度に体を冷やすことにつながり、のどや鼻の粘膜が乾燥することが夏風邪の主な原因。そんな夏風邪に効く栄養ある食事を紹介します。

高熱に下痢、長引く夏風邪の主な症状は?

夏風邪の主な症状は高熱、のどの痛み、せき、おう吐・下痢、目やに(眼脂)、発疹などです。これら夏風邪ウイルスによるとみられる症状は大きく「夏風邪」と診断されます。夏風邪ウイルスは子供に多くかかりやすいものですが、大人がかかると重症化しやすく回復まで時間がかかるので安静にすることが重要です。

長引く夏風邪の原因って何!?

かぜは冬にかかるものと考えがちですが、夏の時期に流行するウイルス感染症があり、これを一般に夏かぜといいます。すなわち冬に流行するウイルスは寒冷・乾燥を好むのに対し、夏かぜのウイルスは高温・多湿を好むので、梅雨時から夏にかけて活動性が増しこの時期に流行するのです。

出典 http://medical.itp.ne.jp

暑さやクーラーのかけ過ぎによって疲労や食欲不振、寝不足の状態になると免疫力も低下し、夏バテ症状を起こします。これで通常より夏風邪にかかりやすくなることがわかっています。そこにエアコンで乾燥したのどや鼻へウイルスが侵入しやすくなるというわけです。

オフィスなどクーラーがききすぎて寒いと感じた時は、ひざ掛けなどでお腹を冷やさないようにしましょう。お腹が冷えると腸の機能も低下します。

早く治せる!夏風邪に効くおすすめの食事療法

夏風邪に効果のある食べ物の代表といえば梅干し。疲労回復に役立つ成分クエン酸が含まれており、おかゆに梅干しという昔からの風邪対策の食事はとても理にかなったものといえます。クエン酸は他にもレモンやグレープフルーツなどにも多く含まれているので積極的に摂りたいですね。

●レバー タンパク質を始め、ビタミンB1、ビタミンB2、ミネラルと、 大量に消費される栄養素を補給できます。
加えて、傷んだ粘膜を修復する、βカロチンも多く含まれています。
●豚肉タンパク質に加えて、ビタミンB1を多く摂取できます。症状が悪化した時に取ると、 体力回復につながります。
●じゃがいも
風邪のひき始めに取ると効果的。ビタミンCを始め多くのビタミンを含んでいるため、ウィルスの活動を抑制する働きをしてくれます。
●うなぎ
栄養素満点の食べ物。スタミナ回復はもちろん、ビタミン、βカロチン、鉄分なども豊富です。
●たまご
アレルギーを持っていなければ、必ず摂取しておきたい食べ物。 消化がよく、タンパク質、ビタミン類が豊富。
たまご酒がお勧めですが、 高熱時、お酒に弱い方は控えましょう。

出典 http://rubeusu-trend.com

さつまいもも多くのビタミンCを含んでいるので、夏風邪の時には最適です。

おかゆと梅干しの組み合わせは間違いなさそうですね。夏風邪をひいた際は、ぜひ試してみてくださいね。

長引く夏風邪の治し方と対処法

夏風邪には実は特効薬はありません。自然治癒力にまかせるウイルスが身体の外に出ていくのを待つしかないのです。かかってもできるだけ早く治すためにはふだんから睡眠をとることや湿度を下げ乾燥させすぎないこと、室内をつねに清潔にしておくこと。それに栄養のある食事を摂ることが一番の近道といえます。

まとめ

夏風邪とくくってはいますが、そのウイルスの種類によって症状や対処法はさまざま。やはり予防には日頃からの生活習慣の見直しは欠かせません。大人がこじらせると厄介になる夏風邪、手洗いうがい、それにバランスのとれた栄養摂取を心がけましょう。

この記事を書いたユーザー

めがーぬ このユーザーの他の記事を見る

日々、豆知識やためになる情報をチェックして記事にしていきます。

権利侵害申告はこちら