年齢を重ねるとともに少しずつ増えてくるそばかす。 そのせいで、見た目の印象が悪くなってしまうのは、女性にとって堪え難き肌ダメージ……。今回は、そんな美の大敵、そばかすのカバー方法、そして改善策を医師に教えていただきました。

そばかすって一体……

Licensed by gettyimages ®

ズバリ、ヒフの色素沈着。人のヒフは紫外線に当たると、メラニンという色素を産生して、ヒフを守ろうとします。基本的には紫外線の量に応じてメラニンが増えますので、日焼けをすると黒くなるわけですが、中には少ない量の紫外線刺激でメラニンを局所的に産生するヒフの細胞がいて、これがそばかすになります。

≪見た目年齢が10才上がる!?老け顔、疲れ顔の原因に…≫
1分で簡単チェック【顔のたるみ度】を診断してみる

メイクでカバーする際のコツ

Licensed by gettyimages ®

薄いファンデーションでは、十分にカバーできませんので、ある程度しっかりカバーできるものをチョイス。ただ、まわりのヒフとトーンが同じ色のものを使う、あるいはチークを併用して顏全体のくすみが目立たないような工夫をしましょう。

そばかす改善に役立つスキンケア

Licensed by gettyimages ®

もっとも重要なことは紫外線からお肌を守ること。晴れた夏の日だけではなく、UV対策は、実は年間を通じておこなわなくては、意味がないといわれるほど重要なのです。日傘、帽子、そして日焼け止めクリームと適切なメイクによって、肌が受ける紫外線量が減れば、出現するそばかすの量も減ることが分かっています。

また、皮膚の酸化反応によってそばかすが出来やすくなります。抗酸化作用のある果物や野菜を取り入れた、バランスの良い食事を心がければより防げでしょう。特にビタミンBやCが予防効果に理想的と言われています。ただ、これを食事だけで摂取するには無理がありますので、市販のビタミン剤なども併用されると、さらに効果があると思われます。

≪あなたの肌年齢…何歳?脱・カサカサ砂漠肌!≫
1分で簡単チェック【肌乾燥度】を診断してみる

【医師からのアドバイス】

上記にあげた対策とともに、ヒフは酸化反応にともないそばかすができやすくなるので、抗酸化作用のある果物や野菜を取り入れた、バランスのよい食事を心がけるようにしましょう。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら