世の中に意味のない出来事なんてない?

いや~~~な出来事が起きたとき

「これもきっと何か意味があることだから」以前は、よくそうやって言い聞かせてました。
みなさんも同じような経験がありませんか?

そう、例えば、取り返しのつかない失敗をしたとき、人に裏切られたとき、別れを告げられたとき、事業に失敗したとき、事故に遭遇したとき、トラブルに巻き込まれたき等々……。

しかし、それって実は意味ないんですよね。

起きた出来事そのものには意味がないということです。

これにもきっと何か意味のあることだから……。

って、“見えざる叡智”とやらにまかせて、そこで自分で何も考えなければ、ただそういう事実があっただけってことになっちゃうじゃないですか。

逆にそんなので、見えざる叡智なんてものから色んなものを引き起こされたらたまったもんじゃない。

起きた事実に自分がどのように意味づけをして解釈していくことで、目の前に現れてくる世界はどうやら変わっていくようです。

おいおい、舵取りは自分でやろうよ。なんでもかんでも、目に見えないもののせいにして自分を慰める理由にするなよってことなんですね。

その事実や存在自体に意味があるかどうかじゃなくって、そこに自分が今どういう意味を見出すかで、これからの未来が変わっていくのかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

TAIZO このユーザーの他の記事を見る

Mother Treeの事務局・運営・企画をしています。
マザーツリーでは、「愛される“心”のつくりかた」をコンセプトに、自分の心と身体に向き合う場として、様々なセミナーやワークショップ、イベントを提供しています。

その他、カラダ調律師、フェイスデザイナーとして個人でも活動中。
カラダ調律、フェイスデザインとは、お客様のカラダに負担をかけずに極僅かな力とタッチで、数値ではなく見た目の『形』そのものを劇的に、また瞬間的に変化させるこれまでの常識を超えたまったく新しいボディデザインメソッド。
オールハンドで肌に軽く触れるだけで、小顔で美しいフェイスラインを創りあげる『フェイスデザイン』や、カラダの可動域をひろげ疲れや痛みをケアします。

現在、年内書籍出版に向け執筆中

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス